フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ

近年、癒しペットとしての需要が広まり、飼育する人が上昇中の小動物「フェレット」。
フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
20年くらい前は、かなり珍しいペットでしたが、ここ10年ほどで一気にポピュラーな存在に。

ペットショップでもよく見かけるようになりました。

フェレットといっても、実は種類で性格や見た目が大分違います。

今回は、代表的なフェレットの種類とお迎え価格の相場をまとめました。

2017/8/1更新

スポンサードリンク

フェレットの種類とお迎え価格

フェレットは生産されている場所(ファーム)で種類が決まっています。

ファーム=種類により大きさや性質、お迎えする価格が違ってきますので、より自分の生活スタイルや希望に沿うフェレットを探してみましょう。

カラーもあわせて知っておくと、フェレット選びが楽しくなります^^
○フェレットのカラーバリエーション/毛色と値段について。

お迎え価格は仕入れ価格やショップによって差があります。

安いからダメ、高いから良いというものではありません。

あくまで目安としてどうぞ。

■マーシャルフェレット

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
マーシャルファームで繁殖されたフェレットです。

ペットショップなどで一番良く見かける種類です。

性格は温和で噛み癖は少なめ。

初めてフェレットを飼育する人にも向いている種類です。

お迎え価格:40.000円~55.000円

詳細はこちらもどうぞ↓
○マーシャルフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、しつけのポイント
○初心者におすすめのフェレットの種類はこの2種類!
○マーシャルフェレットの噛み癖のしつけ方の3つのコツ!

■パスバレーフェレット

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
アメリカ原産のフェレット。

日本では、マーシャルフェレットの次に多く飼育されています。

やや大きめで病気に比較的強いのが特徴です。

お迎え価格:30.000円~50.000円

詳細はこちらもどうぞ↓
○パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について。
○パスバレーフェレットの噛み癖のしつけ方と心理

スポンサードリンク

■マウンテンビューフェレット

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
骨太でがっしりした体格が特徴のフェレットです。
アメリカ産になります。

原産ファームと日本の輸出事情から、日本国内ではあまり見かけません。

性格は温和で育てやすい子が多いです。

お迎え価格:75.000円~90.000円

※詳細はこちらもお読みください^^
○マウンテンビューフェレットの特徴、性格、値段、寿命について

■ルビーフェレット

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
丸っこいお顔が特徴のアメリカ生まれのフェレット。

こちらもあまり、日本には入ってきません。

バスパレーフェレットを基本に交雑されて作出された種類です。

ファームによって体格や性格にややばらつきがあり、初心者には不向きです。

お迎え価格:55.000円~70.000円

※詳細はこちらもご覧ください^^
○ルビーフェレットの性格/特徴/値段について

■カナディアンフェレット

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
耳の刺青が特徴のフェレット。
体つきは筋肉質なタイプが多いです。

噛み癖がある個体が多く、しつけをする必要があります。

気が少々荒い面があるため、初心者にはやや不向きです。

日本への流通はやや少なめですが、噛み癖がきつめなため、価格は安めの傾向です。

お迎え価格:17.000円~35.000円

※詳細はこちらもご覧ください^^
○カナディアンフェレットの特徴、性格、価格、しつけのポイント!
○カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方

■ニュージーランドフェレット

ニュージーランドフェレット
ニュージランドの南島の出身のフェレット。
丸顔とむちむちした体つきが特徴。

大柄になる傾向にあります。
噛み癖も強め。
初めてのフェレットにはやや不向きです。

その独特のお顔と、成長力から、フェレット飼育暦が長い人に好まれる種類です。

お迎え価格:60.000円~80.000円

※詳細はこちらもご覧ください^^
◎ニュージーランドフェレットの飼い方/特徴/値段/寿命について。

■アンゴラフェレット

アンゴラフェレット
フェレットの中でも、
かなり独特の風貌を持ち、
骨太の大きな体と長い毛が特徴です。

野性味が強く、気性もやや荒め。
フェレットの飼育と扱いに慣れた人が飼うのが望ましい。

お迎え価格も高めです。

お迎え価格:80.000円~120.000円

※詳細はこちらもご覧ください^^
○アンゴラフェレットの性格/特徴/値段/大きさについて。ロングな毛並み!

フェレットをお迎えする前に必ず確認すること。

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ
フェレットをお迎えする前に必ず確認してほしい項目です。

お迎えしてから「こんなはずではなかった」と後悔する事は絶対にあってはなりません。

厳しいですが、ひとつでも「いいえ」がある場合は、お迎えの検討を再度見直してください。

フェレットはマイペースです

犬や猫のように飼い主に「懐く」というより、「慣れる」という感じです。

人によっては距離感を感じるかもしれません。

それでもかわいがってあげられますか?

家族全員の同意は得られていますか?

においがあり、トイレを覚える早さに個体差があります。

いたずらもたくさんします。

フェレットはとても手がかかる動物です。

家族全員がフェレットのお迎えに同意していますか?

旅行が制限されます

フェレットを置いての外泊は、準備を万全にしても2泊が限度。

家族旅行などが制限されます。

フェレットがいる間、我慢してフェレットを優先させてあげられますか?

フェレットは病気や怪我をします

フェレットは病気をするケースがとても多く、通院、入院費用がとてもかかる動物です。

フェレットの生体代の何倍もかかります。

フェレット1匹の治療で、フェレット5匹くらい買えるくらいのお金がかかることも珍しくありません。

必要な治療をきちんと受けさせてあげられますか?

フェレットは散らかすのが大好き

フェレットは自分の体はキレイにする綺麗好きですが、トイレの砂をかきだしたり、餌で遊んだりしてしまうことがあります。

トイレの片付けは毎日です。

掃除を毎日きちんとできますか?

フェレットの種類・特徴とお迎え価格の相場まとめ

・生産ファームで、かなり特徴がかわる。
・噛み癖や慣れ具合も特徴があるので、自分にあった種類を選びましょう。
・初心者はマーシャル、バスパレーフェレットが特におすすめ。

生産ファームでこんなにも変わるフェレットたち。

外見や、飼育しやすさ、お迎え価格、色々な条件をよく調べて、あなたのパートナーを探してみてください。

きっとみつかるはずです^^

お迎え前に揃えたい用品をまとめました!
こちらも一緒にお読みください^^
■フェレットを飼う前に準備するべき用品5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。