フェレットの夏の温度と暑さ対策!暑さに弱いので夏バテに注意!

フェレットは想像以上に高温に弱い動物。
フェレットの夏の温度と暑さ対策!暑さに弱いので夏バテに注意!
人が快適に過ごせるような温度でも熱射病や、夏バテにかかりやすいので暑さ対策は必須です。

今回は、フェレットの暑さ対策について、
まとめました。

2017/5/23更新

スポンサードリンク

フェレットの夏場の快適な温度

フェレットは夏の高い温度や湿度に非常に弱いです。

というのも、フェレットは汗をかくことができず、人が快適に過ごせる温度でも、体の中に熱がこもって熱中症になってしまいます。

フェレットが快適に過ごせる室温は「15度~22度」とされています。

寒さには比較的強いですが、暑さには本当に弱いのがわかります。

夏バテを起こしやすく、食欲不振や、体重減少がみられるようになります。

30度を越えると、命に関わるリスクが高くなります。

なので、夏場は必ず対策をとらなければなりません。

スポンサードリンク

フェレットの暑さ対策

フェレットの夏の温度と暑さ対策!暑さに弱いので夏バテに注意!
フェレットの暑さ対策として、
・エアコンで気温を下げる。
(直風は厳禁!!)
・ケージを冷気がたまりやすい、
低いところに移動。
・飲み水に氷のカケラをひとつ入れる。
(入れすぎによる下痢に注意)

また、換気をきちんとして、新鮮な空気を取り入れるようにしましょう。

夏場の日中は、できれば毎日午後4時まではクーラーを入れるようにしたいものです。

水浴びなども効果的です。

市販のひんやりシートや凍らせたペットボトルをケージに入れる方法もあります。

これはフェレットによっては、おもちゃになったり、ペットボトルに挟まれる事故の可能性もありますので、使用するときは注意が必要です。

扇風機は実はあまり効果なし

扇風機は動かしているだけでは効果がありません。

というのも、扇風機で涼しさを感じるのは汗が蒸発する「気化熱」によるためで、汗をかけないフェレットにとっては空気中の熱風がただ当たっているだけに過ぎないのです。

扇風機を使う際は、ケージの前に氷や水をおき、それを気化させることで冷気を作るようにしましょう。

しかし劇的な効果は期待できないので、エアコンとの併用が効果的です。

※こちらもあわせてどうぞ↓
■フェレットの熱射病/熱中症の症状と対策!必読!
■フェレットの夏対策に扇風機は効果なし!熱中症を予防するコツはこれ!

※夏場の電気代に関してはこちらをお読みください↓
■フェレットの夏場対策!電気代について。エアコンなしは危険!

フェレットの夏の温度と暑さ対策!暑さに弱いので夏バテに注意!まとめ

・フェレットは非常に暑さに弱い生き物。
・気温30度を超えると命の危機。
・エアコンの使用や、換気、飲み水に氷のカケラなどをいれて気温を下げていきましょう。
・エアコンを使うときは、直接風にあてないこと!

フェレットにとって、日本の夏は過酷な季節。

対策を十分にして、快適に過ごしてもらうよう工夫してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)