フェレットの鳴き声の種類と意味。シャー、シューはこんな意味!

フェレットはほとんど鳴かない動物です。

長く飼っている人でも、きいたことがないという飼い主さんもいるくらい、フェレットが鳴くのは珍しいです。
フェレットの鳴き声の種類と意味。シャー、シューはこんな意味!
しかし全く鳴かないわけではありません。
そして鳴き声には意味があります。

今回はフェレットの貴重な鳴き声の意味を一部動画を交えて紹介します。

フェレットの鳴き声の種類と意味

フェレットの鳴き声はいくつか種類があり、それぞれ感情を表しています。

めったに鳴くことはありませんが、ベビーフェレットはおとなフェレットに比べて鳴くことが多いです。

大人のフェレットは感情が高ぶったときなどに思わず声を発することがあります。

基本的にほとんど鳴かないので、飼い主さんも愛フェレットの声をきいたことがないという場合も多いようです。

スポンサードリンク

クウー、キュウー

フェレットの鳴き声の種類と意味。シャー、シューはこんな意味!
ベビーフェレットに多い鳴き方です。

目が覚めたときや、家族に気づいたときに鳴きます。

甘えて鳴いています。

お迎えしたばかりのころも多い鳴き方です。

クックック

フェレットの鳴き声の種類と意味。シャー、シューはこんな意味!
これは嬉しいときに出す声です。

遊んでいるときや、飛び跳ねてじゃれているときに出すことがあります。

遊びが楽しいときです。

できる限りフェレットとの遊びに付き合ってあげてください。

参考■フェレットの嬉しい時の鳴き声、行動!クックックと鳴きます♪

シャー/シュー

対象に対して警戒や威嚇を表現した鳴き声です。

お迎えして環境が変わったばかりの頃や、はじめてみるものにびっくりしたときなどに出します。

また、遊びに夢中で興奮しすぎているときも出すときがあります。

優しく声をかけて、リラックスさせてあげてください。

稀に、指や足を何かにひっかけて驚いた時にも出します。

突然声をあげたときは、何か異常が生じていないかチェックしましょう。

スポンサードリンク

クククク(低い声)

不満なとき、やや不機嫌なときに出す声です。

退屈なときや、逆にかまいすぎでこのように鳴く場合もあります。

状況に応じて対応しましょう。

また、何か興味があるものを発見した時も似たような声をだすことがあります。

キャー!アーッ!(叫び声)

何かに驚いたとき、怖さを感じたときにあげる声です。

おびえていることが多いので、フェレットたちがおびえている原因をつきとめ、対処しましょう。

爪を引っ掛けた、歯に何か挟まったなどの突発的な痛みで鳴く場合もあります。

このときは失禁を伴う場合があります。

迅速に原因をみつけて対処してあげてください。

フェレットの鳴き声の種類と意味。シャー、シューはこんな意味!まとめ

  • フェレットは基本鳴きませんが、まれに鳴くことがあります。
  • 鳴き声の内容で感情や状況が読み取れます。
  • 鳴き声に応じて対応を変えていきましょう。

フェレットの稀な鳴き声からわかる彼らの感情。

実は複雑で多彩な感情を表現しているのがわかります。

ベビーフェレットの頃はよく鳴く個体が多いですが、成長するにつれて鳴き声を出す頻度は少なくなってくる傾向です。

とても貴重なので愛フェレットが鳴く時期のときは、動画などで残してあげてもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。