フェレットの平均寿命はどれくらい?病気で左右。長生きの秘訣まとめ。

フェレットは生まれてから大人になるまでの成長スピードが速い分、老化も早いです。
フェレットの平均寿命はどれくらい?病気で左右。長生きの秘訣まとめ。
大変悲しいことに他の小動物に比べ、平均寿命も短く、病気にかかりやすい動物です。

今回はフェレットの平均寿命と長生きさせる秘訣をまとめました。

スポンサードリンク

フェレットの平均寿命

フェレットの平均寿命はどれくらい?病気で左右。長生きの秘訣まとめ。
フェレットの平均寿命は6~10歳ほどです。

フェレットは約4ヶ月(16週間)で、ほぼ大人の大きさになり、その分、老化は早く訪れ、4歳から老化が始まります。

1歳までの成長速度は非常に速く、1歳までは毎日体つきや大きさがかわります。

4歳からシニア期にはいり、その後2~3年を穏やかに過ごします。

長生きフェレットになってもらう秘訣

フェレットは、犬や猫などのペットに比べ、比較的病気にかかりやすいです。

特にガンや副腎に由来する病気にかかりやすく、これもまた平均寿命の低さの原因のひとつです。

そのため、長生きの秘訣はなんといっても健康管理にあります。

4歳までは年に1回、4歳以降は半年に一回は健康診断を受けて、病気の早期発見に努めましょう。

人間もフェレットも早期発見が何より大切です。

食事の量、睡眠時間、水分量、いつもと代わりがないか毎日のお世話の中でこまめにチェックするようにしてください。

いつもと様子が違うと思ったら様子見せずに病院に連れて行きましょう。

特に気をつけたいフェレットの病気や症状について知っておきましょう。
参考■フェレットのなりやすい病気の種類と症状、治療費総まとめ

スポンサードリンク

フェレットの老化を防ぎ、病気の抵抗力を高める秘訣

フェレットは確かに短命な動物ですがこれから飼おうと考えている人、短命を理由で諦めるのはとてももったいないです。

飼ってこそわかる表情やしぐさはたとえ平均寿命が短くても、濃厚で特別な時間を約束してくれます。

フェレットは年をとっても遊び好きです。

若い頃と比べると動きが鈍くなり眠る時間も延びますが、起きている間はできるだけ一緒に遊んであげてください。

そして、成長ステージにあわせた食事とオヤツを常に考えてあげてください。

いつまでも元気に遊び、運動でき、たくさん食べられる環境がフェレットを老けさせない、病気への抵抗力を高める何よりの秘訣です。

フェレットの平均寿命はどれくらい?病気で左右。長生きの秘訣まとめ。

  • フェレットは平均寿命が6~10歳と、小動物の中では短い傾向にあります。
  • 4歳でシニア期にはいり、病気にかかりやすい動物であることが、平均寿命を縮める要因のひとつです。
  • 定期的な健康診断と飼い主との幸せな時間が長生きの秘訣です。

フェレットの成長は早く、あっという間に大人、老化をします。

その分一日一日が、宝石のようにかけがえのないものになります。

一日1時間でも、一緒に遊んであげることがフェレットにとって何よりの幸せになり長生きの秘訣になります。

定期的な健康診断で病気の早期発見にも努めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。