知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。

フェレットに限らず、
動物をお迎えするとき、
その動物のよいところばかりを、
想像していませんか?
知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。
動物を飼うという事は、かわいがるだけでなく、
様々なデメリットも発生します。

今回はフェレットを飼育する際に、
発生するデメリット
を紹介します。

スポンサードリンク

1:フェレットの匂い

動物を飼うとペット臭が、
どうしてもその家についてしまいますが、
特にフェレットはにおいが強めの動物。

日本のペットショップに、
入ってくるフェレットは、
ほとんどが臭いの元になる、
「臭腺」の除去手術を行っていますので、
犬猫程度のペット臭に抑えられています。

ですが臭いが強めの動物には変わらないので、
ケージやハンモックなどを、
こまめに掃除する必要があります。
知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。

2:旅行や長時間の外出に制限が生まれる

フェレットに限らず、
動物を飼育するということは、
家を長期にわたり不在にすることが、
できなくなります。

例え数日分のエサや、
水をいれていったとしても、
ストレスで暴れて怪我をする、
可能性もあります。

犬や猫ですと、
ペットホテルに預ける方法もありますが、
フェレットだとまだ受け入れ環境が万全とは、
言いがたい
のが現状です。

3:費用がかかる

フェレットはお迎え価格(生体代)以上に、
費用がかかる動物です。

ざっと見積もっても、

  • 生体代:3~7万円
  • ケージ等初期費用:5~6万円
  • フード代:毎月2000~4000円
  • 動物病院診察代:1000円~数万円
  • 予防接種等:7000円~
  • 夏のエアコン代:夏季15000円~

くらいかかります。

特に、病気になりやすい動物です。
副腎腫瘍などの手術が必要になると、
20~30万円の支出が必要になります。

スポンサードリンク

このように、生体代が安くても、
飼育費用は高めの傾向ですので、
ある程度の経済的余裕が、
できてからの飼育がおすすめ
です。
知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。

知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。まとめ

・臭いの問題。
・旅行や遠出の制限。
・飼育費用が意外とかかる。

フェレットの飼育は、
意外とハードルが低いと、
思われがちです。

しかし、お迎えしてからの、
費用がかかり、臭い対策や、
旅行への制限などが生まれます。

これらの対策と覚悟を十分にした上で、
お迎えすることで、
「こんなはずではなかった」という、
後悔も生まれにくいでしょう。

ただ確実にいえることは、
フェレットとの生活は、
本当に楽しく、幸せです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)