フェレットの多頭飼いの年齢差はどれくらい?注意点まとめ!

フェレットを多頭飼いするにあたり、気になるもののひとつに年齢差があります。
フェレットの多頭飼いの年齢差はどれくらい?注意点まとめ!

フェレットの年齢が近いほうが良い?
離れていても大丈夫?

今回は多頭飼いでお迎えする、フェレットの年齢差についてまとめてみました。

スポンサードリンク

フェレットの多頭飼いの年齢差

個体差にもよりますが、大体1歳半までの年齢差のほうが良いでしょう。

あまり開きすぎると、体格差、体力差がでてしまい、思わぬトラブルの原因になります。

両方とも大人同士のフェレットなら、そこまで気にする必要はありません。

しかし、5歳以降のフェレットはシニア期に突入し体力も衰え始めるので、遊び盛りの1~2歳のフェレットとは合わないこともあるようです。
フェレットの多頭飼いの年齢差はどれくらい?注意点まとめ!

お迎え時の慣らし方

フェレットは他の動物ほど相性を求めないといわれていますが、それでも合わない相性同士はあります。

慣らすためのポイントは以下のとおりです。

・いきなりケージに入れない。
・おもちゃやハンモックを交換する。
・体格差があるときは別ケージでの飼育をする。

スポンサードリンク

いきなりケージに入れない。

いきなり同じケージに入れず、最初は別々のケージに入れて様子を見ましょう。

相性をみる意味でもお迎え後少なくとも1週間は別々のケージに入れましょう。

体格差がある場合(片方がまだ子供の場合)は、成長をまってから入れましょう。

体格差のあるじゃれあいは思わぬ怪我を招く場合があります。

おもちゃやハンモックを交換する。

お互いのハンモックやおもちゃを交換したりして、ニオイを徐々に覚えさせていくと効果的です。

一週間くらいかけて、じっくり慣らしていきましょう。

他、多頭飼いについてはこちらもどうぞ↓
■フェレットの多頭飼い・お迎えの注意点、相性とデメリット。

体格差があるときは別ケージでの飼育をする。

体格に2周り以上の差があるときは、別ケージでの飼育が無難です。

たとえ相性が良くても、じゃれあいで怪我をする可能性が高くなります。

大きなフェレットが遊びで噛んだつもりでも、小さなフェレットにはおおけがにつながることもあります。

体格差があるフェレットは別ケージで飼育するようにしましょう。

フェレットの多頭飼いの年齢差はどれくらい?注意点まとめ!

  • フェレットの多頭飼いで気になる年齢差。
  • 1歳半くらいまでがベスト。
  • それ以降開くと体力差や体格差が生まれやすい。
  • 大人同士の場合は片方だけがシニア期でないかのチェックを。
  • いきなりケージにいれず、時間をかけて慣らしましょう。

フェレットは多頭飼いがとても多いペット。

一匹で飼育するよりも、フェレット自身のメンタルが安定するといわれています。

じゃれあっている姿は見ていて本当に癒されます。

相性とフェレットたちに、かけられる手間をよく考えてお迎えをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。