フェレットにお留守番をさせるときの注意点。旅行の時は預けましょう!

フェレットは一人暮らしでも比較的飼育しやすい動物です。
しかし、長時間のお留守番は何かと不安に。
フェレットにお留守番をさせるときの注意点。旅行の時は預けましょう!
お留守番をさせるときの注意点と、旅行の時にしておきたいことをまとめました。

スポンサードリンク

フェレットにお留守番をさせる時の注意点

フェレットは睡眠時間が長く、比較的お留守番に向く動物ですがそれでもあまりお留守番させるとストレスを抱えます。

ストレスを抱えることがないよう、できるだけ快適にお留守番してもらえるよう工夫する必要があります。

給水ボトルは2本設置する

お水は必要不可欠。

給水ボトルが1本だけだと、万が一の水漏れやボトルのケージからの脱落時、お水が飲めなくなります。

給水ボトルを2本設置しておくことで万が一の事故でも安心です。

フードは多めに用意しておく

フェレットは必要なときに必要なだけ食べる動物です。

食べ過ぎることはないので多めに準備しましょう。

また、ひっくり返すことが無いように、
重量と安定感のあるお皿を使うと便利です。

トイレは出かける直前に新しくしておく

フェレットはトイレが汚れていると、別の場所に排泄してしまいます。

帰宅後ケージ内が排泄物まみれにならないよう、出かける直前にトイレを新しくしておきましょう。

スポンサードリンク

室温に気を配る

温度差に弱いフェレットのために、エアコンを使い室温を安定させておきましょう。

特に夏場は気温が上がりやすく、フェレットは暑さに弱いので留守番の間はエアコンのフル稼動が必須です。
フェレットにお留守番をさせるときの注意点。旅行の時は預けましょう!

2泊以上、留守にする場合

基本的にフェレットをお留守番させるのは、半日から1日。

2泊以上する場合は、ペットホテルや獣医さん、信頼できる友人に預けるようにしましょう。

何かあってからでは遅いです。

預ける際は、
・フードの量
・代えのハンモックやタオル
・トイレの砂
・エサ皿
・場合によってはケージも。

を準備しておきましょう。

留守番に関してはこちらもどうぞ↓
■フェレットの留守番は何日まで?二泊三日は大丈夫?放置の危険と注意点

フェレットにお留守番をさせるときの注意点。旅行の時は預けましょう!まとめ

  • フェレットはお留守番は比較的できる動物。
  • 給水ボトルは複数準備、餌は沢山用意しておく。
  • トイレはでかける直前に綺麗に。
  • 2泊以上はペットホテルや友人に預けましょう。
  • 預ける際は飼育メモや予備のタオルやトイレ砂を。

フェレットも長時間の飼い主さんの不在は寂しがります。

帰ってきたらケージから開放し、たっぷり遊んであげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。