フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!

フェレットはオスとメスの性別で、まったくと言ってよいほど性格や体格に差がでます。
フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!
健康面や運動量にも違いがでてくるのでフェレットの性差についてしっかり知っておきましょう。

今回はフェレットのオスとメスの違いについて解説します。

2017/5/14更新

スポンサードリンク

フェレットのオスとメスの違い

フェレットのオスとメスはかなり違いがみられますが、性別の違いに加え、性別、個体差、ファームといった要因が絡み合います。

ここではあくまで傾向として記載します。

フェレットのオス

フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!

フェレットのオスは体格的に大柄になる傾向にあります。

体重でいうと、1.5kg前後になります。

ちょっとした子犬くらいのサイズです。

顔は丸顔な子が多い傾向です。

また、遊び方も、物にたいする反応がややおおらかで獲物が近くに来てから動く事が多いようです。

性格はどっしり、おっとり温和タイプが多い傾向です。

初めてフェレットを飼育する人は、オスのほうが飼育しやすいといわれます。

※個体差、ファーム差にも影響されます。

スポンサードリンク

フェレットのメス

フェレットのメスは、比較的小ぶりな体格で、顔はしゅっとしたりんかくをもった子が多い傾向にあります。

オスと比べると一回りからふた周りほど違います。

遊びに対する反応は、何でも興味津々。

とにかく元気に遊びまわり跳ね回る傾向です。

性格はややきつめ。

環境や飼い主に慣れるのにオスと比べ時間がかかるようです。

フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!

実際に接してから決めて欲しい

フェレットは性差がある生き物ですが、オス、メスのどちらをお迎えするかは実際にショップで接してから決めても良いでしょう。

フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!
フェレットは良くも悪くも好き嫌いがはっきりしています。

人への接し方は、お迎え後のコミュニケーションで徐々に覚えていきます。

沢山接すれば、人間大好きなベタ惚れっ子になりますし、最低限のお世話だけだとなかなか懐かないかもしれません。

最終的には飼い主さんとの相性を大切にして欲しいと考えます。

フェレットの懐かせ方のポイントはこちらをお読みください↓
■フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!

フェレットのオスメスでの性格の違い。性別で全く違います!

  • フェレットは性別で、
    性格や体格に差が出やすい。
  • 性格がすべてではなく、個体差やファームなどの要因も。
  • 最終的には飼い主さんとの相性が大切!

フェレットと飼い主の相性は、接してみたり、飼育してみないとわからないところもあります。

よく観察しつつ、「この子がいい!」というインスピレーションで決めても良いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)