パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。

フェレットをお迎えすると、
避妊/去勢、臭腺除去、ワクチン接種をした証明として、
証明書がもらえます。
パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。
証明書の内容、デザインなどは、
ファームによって、
バラエティに富んだものになっています。

今回は「パスバレーフェレット」の証明書について、
まとめました。

スポンサードリンク

パスバレーフェレットの証明書

パスバレーフェレットの場合、
基本的に2枚の証明書があります。

両方ともお迎え時に、
ショップでわたされます。

【生体証明書】
パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。
こちらは生体証明書です。
パスバレーフェレットであることの、
証明になります。

【登録書】
パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。
パスバレー社に登録するための書類です。

パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。
裏面の空欄をうめて、
パスバレー社に送り返します。

しかし、実際に送り返している人は、
ほとんどいないようです^^;

スポンサードリンク

(パスバレー社が登録書を、
管理しているという話も、
あまりききません。)

これらの生体証明書、登録書は、
紙の色が違う場合があります。

発行時期によるもので、
色以外に違いはありません。

パスバレーフェレットの証明書について。2種それぞれの意味。まとめ

  • パスバレーフェレットには2種の証明書がある。
  • 1枚は生産証明書、もう1枚は登録書。
  • 登録書はパスバレー社に送り返すもの。
    しかし、日本では送り返している人は少ない。

パスバレーフェレットの証明書は2枚あり、
それぞれ生産証明、登録書になっています。

ファームによって、
特徴のある証明書も、
フェレットの魅力ですね^^

基本的に何かに使う事はありませんが、
大事な愛フェレットの証明書として、
大切に保管してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)