フェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事まとめ!

フェレットはなつくまでに時間がかかる傾向のある動物です。
フェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事まとめ!
個体差もありますが、環境や飼い主を覚え慣れるまでに時間がかかります。

今回はフェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事をまとめました。

※2017/8/16更新

スポンサードリンク

フェレットと気長に付き合う心構えはありますか

フェレットは正直にいうと、小動物の中では懐きにくい部類です。

懐くのに時間がとてもかかるだけで、フェレットは必ず懐きます。

フェレットが人間に懐くまでの間に、人間が「懐かない」「頭が悪い」と勝手に理由をつけて諦めてしまうのです。

懐くまでの数ヶ月~を根気よく、フェレットと向き合える心構えがある人には絶対に懐きます。大丈夫です。安心してください。

フェレットがなつくまでの期間

フェレットはたとえ、飼い主が毎日お世話をして優しく接していても、1日や2日そこらではなつくことはあまりありません。

環境に慣れ、飼い主に心を開くようになるには、少なくとも2ヶ月は見ておきましょう。

なつくまでの期間は個体差も大きく影響し、数日でなつくような、フレンドリーな子もいれば、年単位でかかる、慎重な子もいます。

管理人のフェレットは懐くまで毎日ガブガブで流血沙汰もよくありました。

しかし前触れもなく、ある日を境にベタなれになりました。

フェレットの中で「信頼できる人」になった瞬間だったのかもしれません。

このように、前触れもなく、突然懐くケースがフェレットには非常に多いです。

毎日のお世話がなつかせる最短の道

毎日愛情をこめてお世話して、遊ぶうちに必ず心を開いてなついてくれます。

スポンサードリンク

なつかないことに悩んでいる人ほど、フェレットについて考え多く接していることでしょう。

その気持ちは必ず通じます。

諦めずに毎日かわいがってあげてください。
フェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事まとめ!

お迎え後すぐはかまい過ぎない

お迎え後少なくとも一週間は、あまりかまいすぎないようにしましょう。

早くなついて欲しいあまりに抱きすぎたり、捕まえてみたり、手をかけすぎてしまうと、環境や飼い主に慣れる前に恐怖心や抵抗感を持たせてしまう可能性もあります。

忍耐強くフェレットのペースにあわせて、待つことがなついてもらう大きなポイントです。

フェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事まとめ

  • フェレットは野性味が強く、
    最初からすぐなつくことは少ない。
  • 環境に慣れ、飼い主に心を開くまで待つ必要がある。
  • お迎え後はかまいすぎず、フェレットが慣れるまで辛抱強く待ちましょう。

フェレットは懐かないと思っている人が多いですが懐くまでに時間がかかるだけで必ず懐いてくれます。

毎日のお世話や生活を通して、少しずつ自分に心を開いていく様子はたまらなく愛おしいですよ。

諦めず、毎日のお世話とコミュニケーションを続けていってください。

その気持ちは、必ず届きます。

こちらもあわせてどうぞ↓
■フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく! えん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)