フェレットの最期に。後悔のないお別れの為に行う3つのこと。

フェレットは平均寿命が10年以下と寿命が短く、病気にかかりやすい生き物です。
フェレットの最期に。後悔のないお別れの為に行う3つのこと。
とても悲しいことですが犬や猫と比べ、お別れのときは早くやってきます。

大事なフェレットとのお別れの前に飼い主さんに知っておきたいことをまとめました。

後悔のないお別れのために、行って欲しい3つのことを掲載します。

スポンサードリンク

愛フェレットとのお別れの心構え

フェレットとのお別れというのは考えたいことではありません。

できれば避けて通りたい、その日まで考えたくないでしょう。

しかし、その日がきてからでは遅いこともあるのです。

・毎日しっかり遊んであげる。
・望む見送りを決めておく
・感謝の気持ちを

これらについて解説していきます。

1.毎日しっかり遊んであげる

後悔する点として多いのが「もっと遊んであげておけば」「もっと構ってあげれば」ということです。

フェレットがいる生活が当たり前になって、お世話や、大事なコミュニケーションが“作業”になったりおざなりになっていたりしませんか?

あなたにとってはお世話でもフェレットにとっては大好きな飼い主が自分をみてくれる、かけがえのない時間。

フェレットの喜びや遊んで欲しい気持ちにできるだけ気づき、楽しい思い出を少しでも多く作るようにしましょう。

歳をとって、遊ぶのが辛くなってからでは遅いのです。
フェレットの最期に。後悔のないお別れの為に行う3つのこと。

スポンサードリンク

2.望む見送りを決めておく

闘病をする場合、精一杯闘病生活と入院生活を頑張ってもらうのかある一定のラインで自宅に連れ帰り、お世話と見送りをするのか。

これも先に決めておく必要があります。

見送り方を決めて自宅で看取れるだけでも、その後の思いは全く違ってきます。

後悔の念は薄くなるでしょう。

3.感謝の気持ちを

縁があり、あなたの元へやってきたフェレット。

初めて出会ったとき、掃除が大変だったこと、はじめてのお風呂、散歩…。

お別れの時に多くの思い出が思い起こされることでしょう。

フェレットは人間と比べると短い生涯の中あなたに逢えてよかったと絶対に思っています。

闘病生活が辛くても頑張ってこれたのは、あなたがそばにいたからです。

旅立つフェレットに、感謝の気持ちを込めてあげましょう。

虹の橋でまた会えます。

フェレットの最期に。後悔のないお別れの為に行う3つのこと。

フェレットは寿命が短い

フェレットは大人になる速度も速い分、老化も早い動物です。

4歳でシニア(老齢)期に突入し6~9歳で天寿を全うする傾向にあります。

若いうちから病気にかかりやすい側面もあります。

その分、フェレットとの一日は、本当に“かけがえのない一日”となるのです。

最期のときなんて、そのときが来るまで誰もが考えたくないでしょう。

しかし、少しでも、心積もりをしておくことが後悔のない、お見送りへと繋がります。

フェレットの最期に。後悔のないお別れの為に行う3つのこと。まとめ

  • フェレットの寿命は短い。
  • 後悔のないお別れをする心構えを。
  • 日々の世話、見送りの仕方、そして感謝の気持ちを。

フェレットの寿命は短いです。

でも短くても彼らは一日一日を精一杯楽しく暮らしています。

楽しく過ごせるのもあなたと出会えたからです。

お別れのとき旅立つフェレットを悲しませないよう、そして少しでもお別れの事を考えておくことで、そのときに後悔の可能性を減らすことができればと思います。

自然と一緒に眠ってほしい。そんな優しい霊園を紹介します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。