フェレットの毛色(カラー)は変わる!変化について知っておきたいこと。

フェレットには様々な種類の毛色(カラー)があります。
この毛色は生涯で何度か変化をします。
フェレットの毛色は変わる!変化について知っておきたいことまとめ。
変化によっては真っ黒から真っ白というように、
まったく別のカラーになるくらいです。

今回はフェレットの毛色の変化について、
紹介します。

スポンサードリンク

実はかなり変わる!フェレットのカラーリング!

フェレットの毛色(カラー)は、
換毛期を迎えるたびに、
少しずつ変化していきます。

年齢に限らず2歳で真っ黒から、
真っ白になる子もいれば、
逆に色が濃くなる個体もいます。

また、どのように毛色が変化するか、
どの程度変化していくかは完全に個体差で、
予測はほとんどつけられません。

なので、フェレットを迎える際、
あまり毛色にこだわる必要はありません。

毛質も季節によって変わり、
冬場はふわふわに、
夏場はやや薄毛の傾向になります。
フェレットの毛色(カラー)は変わる!変化について知っておきたいこと3点。

フェレットの毛色は薄くなる傾向が高い

一番多いのは、
セーブルがシルバーミットに、
セーブルがホワイトにといったような、
薄い色合いに、
変わっていくパターンです。

色が濃くなる例は少ない傾向です。

スポンサードリンク

フェレットの毛量が減ってきた場合は注意!

フェレットの毛色(カラー)は変わる!変化について知っておきたいこと3点。
色が変わる事はフェレットでは、
決して珍しくはありません。

しかし、毛量が極端に減った、
おハゲが目立ってきた
場合は、
副腎の病気が疑われます。

早めに獣医に診せましょう。

フェレットの毛色(カラー)は変わる!変化について知っておきたいことまとめ

・フェレットの毛色(カラー)は生涯変わる。
・換毛期のたびに少しずつ色が薄くなったり、
濃くなったりする。
・カラーにこだわってフェレットを、
お迎えするのは避けたほうが良い。

フェレットの毛色が薄くなり、
白色が多くなると、
「歳をとった?」と思いがちですが、
加齢に関わらず、
白くなる子は白くなるようです。

また、季節によって、
冬は真っ白になり、冬を終えると、
元のカラーに戻るといったタイプもいます。

生涯をとおして、
カラーも楽しめるのがフェレットの魅力です^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。