フェレットの地震/被災時の避難方法と対策!必読!

日本は「地震大国」と言われるほど、他の国に比べ地震が多い国です。
フェレットの地震/被災時の避難方法と対策!必読!
災害時において、フェレットを守るための避難方法と万一の被災に備えた対策をまとめました。

是非読んでおいてください。
そして対策をしておいて欲しいと願います。

スポンサードリンク

フェレットの地震/被災避難時に絶対すること。

フェレットは犬や猫と違い、被災時のサポートが薄い場合や理解がないことがあります。

においが強い動物という事もあり、ペットの中では周囲への理解が得にくい部類であることを認識しておかなければなりません。

飼い主さんのほうで、しっかりフェレットの安全を守る必要があります。

フェレットの避難に必要なもの

フェレットの地震/被災時の避難方法と対策!必読!
・新聞紙、ダンボール、布(大きめ)。
→避難時のケージの目隠しや保温用。
・ペット用消臭剤
→避難先でのにおい防止に。
フェレットに無害であることを確認しましょう。
・フード、水(最低一週間分)。
→避難勧告がでると、数日~一週間ほど、
家に帰れない場合があります。

フード1kg、水を2リットル分ほど、
持っていけると良いでしょう。
・フェレット用ゼリー
→水が切れたときの水分補給にもなります。

・ガムテープ、ビニールテープ。
→ケージの固定や補強に使います。

・大好物のおやつ
→環境が変わったときのストレス軽減に。

・替えのハンモック2枚ほど
→替えを準備しておくことで、清潔かつ周囲への臭い軽減になります。

これらを万一の際、フェレットと一緒に持っていけるようケージのそばか、玄関に常備しておくことを強くおすすめします。

スポンサードリンク

避難場所での過ごし方

フェレットの地震/被災時の避難方法と対策!必読!
多くの見知らぬ人たちと、一緒に過ごすことになる避難場所。

中にはペットが苦手な人も多くいます。

そういった人たちへの配慮を忘れずに。

配慮の積み重ねが、避難所でのペットの受け入れの姿勢の緩和、周囲への好意的な対応へとつながっていきます。

・放牧は絶対しない。

・ケージは目隠し、防臭をしておく。

・できるだけ外に出やすい場所で過ごす。

これらについて解説していきます。

放牧は絶対しない。

避難所では放牧をしてはいけません。

周囲への迷惑防止、知らない環境での脱走防止になります。

運動不足が心配ですが、周囲への迷惑や、迷子にさせないためにも絶対放牧させてはいけません。

リード付きでも避けましょう。

ケージは目隠し、防臭をしておく

できるだけフェレットが周囲にみえないよう目隠しをケージに行い、防臭をしっかりしておきましょう。

普段から接している飼い主さんはなかなか気づきにくいですが、初めて接する人からするとフェレットの臭いは強めです。

できるだけ外に出やすい場所で過ごす。

においがこもらないためにも、ケージの掃除や、お世話は避難所でも毎日行わなければなりません。

フェレットの世話や、排泄物の掃除で迷惑がかからないようにしましょう。

フェレットの地震/被災時の避難方法と対策!必読!

  • 前もって食料や避難用具は常備しておく。
  • 特に消臭はきちんとすること。
  • フード、水は最低一週間分を持っていきましょう。
  • 避難所では、ペットが苦手な人に配慮を。

被災時は誰もがパニックで冷静な判断ができません。

平常時にしっかり対策をして、万一の時に愛フェレットを守れるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)