フェレットの睡眠時間とあくびの関係。睡眠不足は危険!

フェレットの睡眠時間とあくびの関係。睡眠不足は危険!

フェレットの睡眠時間はとても長く、抱き上げても起きないくらい深い眠りにあるところが多いです。
1日の大部分をしめる睡眠時間とあくびの関係、睡眠不足の危険性について紹介します。

スポンサードリンク

フェレットの睡眠時間

フェレットは1日のうち20時間~22時間ほどを眠りに費やします。

1日の大半といった感じですね。

たっぷりの時間をフェレットと遊びたい人はちょっと寂しいかもしれません。

体力的に持久力が高くない動物ですので、短い活動時間を目一杯元気良く遊びまわります。

なので、フェレットが構って欲しそうなときはたくさん遊んであげてください。

若いうちはおきている時間は長いですが、4歳以降になると寝ている時間が増えます。

睡眠時間が長いため、仕事で家をあけている時間が多い人、一人暮らしの人にも比較的飼育しやすいといえます。
※温度、健康、環境管理は毎日しっかり行いましょう!

スポンサードリンク

フェレットの睡眠不足は危険!

フェレットは睡眠不足になると体の抵抗力が落ち、様々な病気にかかりやすくなります。

全身状態が悪くなりやすくなりますので、まとまった睡眠時間が必要です。

何時間も連続で遊ぶようなことは避け、1時間を目安に休憩させてあげましょう。

散歩も遠出しすぎず、近くの公園まで往復するくらいが丁度良いでしょう。

汗をかけない動物なので、炎天下の散歩は厳禁です。

フェレットのあくびについて

フェレットの睡眠時間とあくびの関係。睡眠不足は危険!

ほとんどのフェレットが耳の後ろ辺りを撫でているとあくびをします。

気持ちよいことと、心地よい眠さが折り合っていると出やすいようです。

連続してあくびをすることも良くあります。

また叱られているときもあくびをすることもあります。
これは緊張感からでているもののようです。

ストレスを感じている状態でもありますので、長時間叱るのは避けましょう。

フェレットの睡眠時間とあくびの関係。睡眠不足は危険!まとめ

  • フェレットはとても睡眠時間が長い動物。1日の大半を寝て過ごします。
  • 活動時間はとてもアクティブ。できるだけ遊んであげましょう。
  • 睡眠不足は病気への抵抗力を落とし全身状態を悪化させるので、遊びすぎに注意!
  • あくびは気持ちよいときや、緊張しているときに出します。

フェレットにとって1日の大半を占める睡眠はとても大事です。
寝ていたら無理に起こさずそっとしておいてあげましょう。

遊んで欲しいときはできるだけこたえてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)