フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法

フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法

フェレットのトイレはこまめに換えないとあっという間に汚れてしまいます。

特にコバエがとても沸きやすく、夏場では半日持たずに沸いてしまうことも。

今回は、フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法を紹介します。

スポンサードリンク

フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法

フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法

動物を飼育している以上、コバエの問題はどうしてもついてまわります。

特にフェレットのトイレは汚れやすく、放置するとコバエなどが沸いてしまい、衛生面がとても悪くなります。

フェレットがトイレをしたらすぐ片付けるのが一番ですが、常にできることではありません。

コバエ発生を抑えるいくつかの方法があります。

・こまめな掃除を心がける。

・コバエ取りを設置する。

これらについて解説していきます。

スポンサードリンク

1.こまめな掃除を心がける。

トイレは毎日とりかえ、最低でも3日に1回はトイレを丸ごと水洗いするようにしましょう。

こまめに掃除することで、コバエがタマゴをうみつけても孵化する前に処分することができます。

2.コバエ取りを設置する。

フェレットのトイレ近くかつ、フェレットの手が届かないところに、コバエ取りを設置するのも効果的です。

また、網戸の開け閉めでコバエは進入することが多いので、網戸にハエ避けシートなどをかけておくと良いでしょう。

>>コバエ駆除 シートタイプ 金鳥(ガラス用)30日用

殺虫剤は使わないように!

スプレー式の殺虫剤は絶対に使ってはいけません。

フェレットの体に付着したり、体内に入ると中毒を起こす危険性がとても高いです。

やむを得ず殺虫剤などを使う場合は、フェレットを別の部屋に避難させ、ケージやトイレは熱湯消毒して、殺虫剤が残らないようにしましょう。

フェレットのトイレにコバエが沸いたときの対処法まとめ

  • フェレットのトイレは汚れやすく、ちょっと放置するとコバエが沸きます。
  • トイレは最低でも一日1回は取替え、3日に1回は水洗いするようにしましょう。
  • コバエが進入しないよう対策したり、コバエ誘引剤を使うのが効果的。
  • 殺虫剤はフェレットにかからないように細心の注意を払って使用しましょう。

フェレットにとってコバエは雑菌や細菌を媒介する存在です。

人間だけでなくフェレットにも悪影響を与えます。

コバエが発生しない環境と、駆除できる対策を整え、気持ちよくすごせる環境を維持できるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)