フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法

フェレットをお迎えしてしばらく一緒に過ごしていても「なかなかなつかない」「なつきにくい」と思い、不安になる飼い主さんは実はとても多いです。
フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法
フェレットに懐いてもらうには実はコツがあります。

今回はフェレットがなつくまでの時間と、より早くなつかせる方法を紹介します。

フェレットがなつくまでの時間

フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法
フェレットはペットとしての歴史は長い動物ですが、もともと野性味が強く、犬や猫のようにペット化が進んでいません。

そのため、人になつくという意識が、もともと薄い動物であることを頭に入れておく必要があります。

なつくまでの時間は個体差にもよりますが、早くて1~2ヶ月、普通で半年前後、遅い子は1年~とかかります。

迎え入れた時期が若いほど、なつきやすいですが、大事なのは普段どれだけコミュニケーションがとれているかです。

一緒に遊んだり、接する時間がながいほど、なつくまでの時間は短くなる傾向にあります。

ただケージに入れているだけではなつくまで時間がかかるでしょう。

普段のお世話も機械的におこなうのではなく、声をかけたり、なでてあげたりと、毎日数分でもコミュニケーションをとることが大切です。

フェレットに心を開いてもらうためには、毎日少しずつ信頼を積み重ねていく事が、面倒なようで一番の近道です。
スポンサードリンク

フェレットをより早くなつかせる方法

フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法
フェレットをより早くなつかせる方法として、これらのことが特に大切です。

  • 遊ぶ時間を意識して増やす(1日1時間程度)。
  • 遊び時間におやつを手からあげるようにする。
  • お世話中のコミュニケーションを意識する。

普段の接し方を意識すること、おやつを交えたコミュニケーションを行う(あげすぎ注意!一日ちょっぴりでOK)事を毎日こつこつ続けていきましょう。

参考フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!

スポンサードリンク

フェレットの嫌がることを絶対にしないこと

フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法
寝ているところを無理におこしたり、食事の邪魔をしたりと、フェレットが嫌がることをすると、フェレットに嫌われなつきにくくなります。

痛いくらい強くかんできたときは持ち上げて「ダメ!」と短くしかりましょう。

そして無表情でそのままケージに戻しましょう。

これを繰り返し、「強く噛むとケージに戻されてつまらない思いをする」ことを学習してもらいましょう。

鼻ピンを推奨するケースがありますが、飼い主の不信を抱いたり、思わぬ怪我の元になるのでおすすめしません。

フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法まとめ

  • フェレットは野性味が強く、犬猫のようななつきかたはしにくい。
  • 一緒に接する時間が長いほど、なつくまでの時間は短くなります。
  • 普段のお世話の声かけ、おやつをあげるなどを意識して接するのがコツ。
  • フェレットの嫌がるようなことは絶対にしないようにしましょう!

フェレットがなつかないという悩みは、フェレット飼いなら誰でも通る道です。

なつかないくらいが普通です、時間がかかるものと割り切って穏やかに構えて接してあげてください。

毎日やさしく接していれば、どんなフェレットも必ずなつきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)