カナディアンフェレットの性格/価格/寿命/大きさ/特徴まとめ

カナディアンフェレットは大柄で病気にも比較的強く、骨太でがっしりした個体が多い種類です。

カナディアンフェレットの性格/価格/寿命/大きさ/特徴まとめ

あまり日本には入ってこないフェレットです。

そんなカナディアンフェレットの気になる特徴や性格、抑えておきたいしつけのポイントを解説します。

カナディアンフェレットの特徴

カナディアンフェレットの性格/価格/寿命/大きさ/特徴まとめ

種類 カナディアンフェレット
性格 元気でやや荒い面がある
大きさ(平均) オス:40〜45cm/メス:35〜40cm
噛み癖 強め。要しつけ。
寿命 4年~7年
価格帯 14.000円~20.000円

カナディアンフェレットは他のフェレットに比べて大柄で、骨太のがっしりタイプが多いのが特徴です。

特にオスが大きくなる傾向にあります。

骨量のあるボリュームのあるフェレットが欲しい、できるだけ大柄なフェレットを飼いたいという人はカナディアンフェレットがお勧めです。

※個体差や成長環境によって体格に差が現れる場合があります。

カナディアンフェレットの性格

カナディアンフェレットの性格は総じてやんちゃで遊び好きといわれることが多いです。

お迎えして数ヶ月はやや強めの噛み癖がある個体が多いので、しつけと気長に付き合う気持ちが大切です。

また、気が強い面もあるので、鼻ピンなど体を叩くしつけ方法はかえって興奮、怒らせる原因になるのでやってはいけません。

※噛み癖のしつけの仕方はこちらをご覧ください。
参考カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方
参考フェレットの噛み癖と噛むようになった場合の対処法この3つで解決!
参考赤ちゃんフェレットの噛み癖を直す3つのしつけ方法。

とにかくエネルギッシュなので、いっぱい遊んであげられる人が良いでしょう。

留守番がちの家だとストレスをためることがあるので、おもちゃを沢山用意して、毎日少しでも遊んであげるようにしてください。

スポンサードリンク

カナディアンフェレットの大きさ

カナディアンフェレットは他のフェレットに比べると大柄に育つのが特徴です。

特にオスが大きくなる傾向にあります。

ボリュームと見栄えはフェレットの中でもトップクラスです。

標準的な大きさはオスで40〜45cm(体重2kg前後)、メスで35〜40cm(体重1kg前後)ほどになります。

力も強いので、フェレット専用ケージの中でもがっしりとしたケージを選びましょう。

カナディアンフェレットの寿命

カナディアンフェレットの寿命は4年~7年です。

フェレットの中では平均的な寿命といえます。

比較的丈夫な個体が多いので、9年以上生きる個体も珍しくありません。

フェレットは病気にかかりやすいので、長生きには定期的な健康診断と良質なフード、適度な運動が不可欠です。

カナディアンフェレットの価格

カナディアンフェレットは比較的安価な場合が多いです。

噛み癖が強めの傾向があり、その分需要が低く、価格に反映されていると考えて良いでしょう。

カナディアンフェレットのお迎え価格は14.000円~20.000円ほどです。

カナディアンフェレットのしつけのポイント

カナディアンフェレットは噛み癖が強めにでるため、ベビーの時期からしっかり躾をする必要があります。

噛みついてきたら首根っこをもって短く「ダメ!」と叱る、噛むたびにケージにいれて10分ほど無視を繰り返すといった方法を繰り返しましょう。

こうすることで、「噛むと嫌なことがおこる」と少しずつ学習させるのが大切です。

数ヶ月で効果が出るときもあれば、年単位かかることもあります。

フェレットのしつけは根気との戦いです。

スポンサードリンク

カナディアンフェレットの性格/価格/寿命/大きさ/特徴まとめまとめ

  • カナディアンフェレットは骨太で大柄な個体が多いです。
  • 性格はやんちゃで遊び好き。噛み癖が強めなので早めのしつけが大切です。
  • しつけは叱るときは短く、ほめるときはオヤツも添えると良いでしょう。

カナディアンフェレットのボリュームのよい体つきはとてもかっこよくて素敵ですよね。

あまり日本ではメジャーではありませんが、人間大好きな性格です。

噛み癖のしつけに根気と愛情、時間を注げるなら最高のパートナーになってくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)