フェレットのジステンパーの症状/感染経路と予防接種の料金について

フェレットは犬の感染症のひとつであるジステンパーに感染します。

フェレットのジステンパーの症状/感染経路と予防接種の料金について

予防接種をしっかりしておかなければ、感染時の致死率はほぼ100%です。

今回はフェレットのジステンパーの症状/感染経路と予防接種の料金について解説します。

スポンサードリンク

フェレットのジステンパーについて

ジステンパーは犬の感染症のひとつですが、フェレットも感染します。

犬での致死率が50~90%なのに対し、フェレットが感染した場合、致死率はほぼ100%となり、有効な治療法はありません。

したがって、予防接種が非常に大切になります。

フェレットのジステンパーの症状

・食欲不振
・透明な鼻水
・口周りの発疹
・ぐったりしている

これらの症状が見られた場合、速やかに獣医師の診察を受けましょう。

その際に補足事項として、「犬との接触の有無」「ワクチン接種の有無」をあわせて伝えましょう。

フェレットのジステンパーの感染経路

フェレットのジステンパーの症状/感染経路と予防接種の料金について

ジステンパーに感染したフェレットや犬からの感染が主な感染源になります。

特にペットショップにいる時点で感染しているケースもあるので、鼻水がでているようなフェレットのお迎えは避けましょう。

また、症状がでていなくても予防接種をしっかりしておくのが大切です。

ジステンパーの有効な治療法がない以上、予防接種に頼らざるを得ないのが現状です。

フェレットのジステンパーの予防接種の料金

ジステンパーの予防には、年に一度ワクチンを接種します。

フェレット用のジステンパーワクチンはなく、現在使われるのは犬用のジステンパーワクチンです。

費用は4000円~6000円ほどになります。

他のワクチンの兼ね合いもありますので、獣医師さんとよく相談して、フェレットにあったワクチンプランをたてましょう。

フェレットのジステンパーの症状/感染経路と予防接種の料金について!まとめ

  • フェレットは犬の感染症であるジステンパーに感染します。
  • ジステンパーにフェレットが感染すると、致死率はほぼ100%です。
  • 予防接種が感染を防ぐ方法なので、予防接種は必ず受けるようにしましょう。

フェレットにとってジステンパーはとても怖い病気です。

進行も早く、有効な治療法がないため、ワクチンで予防するのが最善の方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)