フェレットの留守番は何日まで?二泊三日は大丈夫?放置の危険と注意点

フェレットは比較的留守番が上手な生き物といわれていますが、日付をまたぐ長時間のお留守番となると話がかわってきます。

フェレットの留守番は何日まで?二泊三日は大丈夫?放置の危険と注意点

今回はフェレットの留守番は何日までが大丈夫なのか、注意点をまとめました。

スポンサードリンク

フェレットにお留守番をさせるときのポイント

フェレットは睡眠時間が長いので、お留守番にあまり抵抗のない動物ですが、それでも朝からその日の夕方までのお留守番にとどめたいものです。

やむをえなく、丸1日留守にする、1泊不在にするといった短期の外泊の場合は、万全な状況にしてお留守番してもらうことも可能です。

・給水ボトルは2本用意する

・餌は2日分用意する

・室温管理は1日中

・トイレは出かける前に新しくする

これらについて解説していきます。

給水ボトルは2本用意する

給水ボトルは2本用意しておきましょう。

万が一の水漏れやケージから落ちてしまっても、もう1本あれば大丈夫です。

フェレットは特によく水を飲むので、でかける前に新鮮な水に取り替えてあげましょう。

餌は2日分用意する

フェレットはほしい分の餌をほしい時に食べます。

万が一えさ皿をひっくり返して食べられなくなることがないように、1日のお留守番でも2日分の餌を容器を分けて入れておきましょう。

この機会にえさ皿を重量感、安定感のあるものにしておくとさらに安心です。

室温管理は1日中

フェレットの留守番は何日まで?二泊三日は大丈夫?放置の危険と注意点
エアコンや換気系は不在の間はつけっぱなしにして、室温を安定させておきましょう。

特に汗をかくことができないフェレットにとって、夏場の温度は室内でも熱中症になります。

フェレットの熱中症は夏場だけには限りません。

冬場も室温管理を徹底し、フェレットが自分で寒さをしのげるよう、マットやタオルを多めに入れておきましょう。

※フェレットの熱中症に関してはこちらをご覧ください↓
■フェレットの熱射病/熱中症の症状と対策!必読!

トイレは出かける前に新しくする

フェレットはとても綺麗好きです。

トイレが汚れると、別の場所をトイレにしてしまいます。

結果、ケージ中が汚れてしまい不衛生になってしまうことも。

スポンサードリンク

出かける前にケージを掃除し、トイレをリセットしておきましょう。

2泊3日以上のお留守番

2泊以上する場合は、お留守番させるのは危険です。

餌や水の不足、トイレの悪化、エアコンの停止(故障)、その他不測の事故など、何がおきても長時間対処ができません。

ペットホテルや動物病院、信頼できる友人に預けるようにしましょう。

何かあってからでは取り返しがつきません。

フェレットの留守番は何日まで?二泊三日は大丈夫?放置の危険と注意点まとめ

  • フェレットはお留守番は比較的させやすい動物。
  • お留守番は1泊が限度、2泊以上は危険なので信用できるところに預けましょう。
  • お留守番前に水や餌、トイレ周り、ハンモックなどの飼育用品のチェックを入念にしましょう。

大型連休や行楽シーズンは旅行や長期不在の予定が入りがちです。

フェレットにストレスがかからないよう、留守番は細心の注意を払い、2泊以上家をあけるときは必ず誰かに預けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。