フェレットのしつけはいつから?失敗しないしつけ方!

フェレットをお迎えしてまず気になるのがしつけの問題。

フェレットのしつけはいつから?失敗しないしつけ方!

しつけはいつからは行えばよいのか?

失敗のないしつけ方法とは?

今回はお迎えしてからのフェレットのしつけについて解説します。

スポンサードリンク

フェレットのしつけはいつから?

フェレットのしつけはお迎えしてから1週間くらいしてからフェレットの様子をみて始めるのが良いでしょう。

お迎え後すぐのしつけは信頼関係がほとんどなく、フェレットに抵抗感や恐怖心を植えつけるリスクがあります。

まずは優しく声をかけて撫でてあげながら、フェレットに「人間は怖くない」「信用できる存在」であることを知ってもらうようにしましょう。

失敗しないしつけのコツ

フェレットのしつけは、コツをおさえておこなわないと、いう事をきかなくなったり、悪化したりする可能性があります。

・長期戦を覚悟する


・噛み癖はゼロにはならない


・普段から愛情をたっぷり注ぐ

これらの3点を抑えた接し方としつけを根気よく繰り返しましょう。

スポンサードリンク

長期戦を覚悟する

フェレットのしつけはたとえお迎え後すぐにしつけを開始しても効果がでるまでにとても時間がかかります。

数ヶ月かかるかもしれませんし、数年かかるかもしれません。

ある程度は「そのフェレットの個性」と受け止めた、良い意味での妥協も必要です。

噛み癖はゼロにはならない

噛み癖はできれば早くなおしたいしつけのひとつです。

頻度を減らすことができても、ゼロにすることは不可能です。

最初は強く噛んでいたのが、信頼としつけによって優しい感じになってきたという成果は十分期待できます。

早くても数ヶ月~1年単位で、ゆったりとした心構えで行ってください。

噛み癖のしつけについての詳細はこちらをどうぞ↓
■赤ちゃんフェレットの噛み癖を直す3つのしつけ方法。ファーム関係なく使えます^^

普段から愛情をたっぷり注ぐ

しつけをしたいのはわかりますが、接する度にしつけばかりだと、フェレットも人間を嫌いになってきます。

おもちゃで遊んだり、おやつを手渡ししたり、ケージの外からも声かけ、撫でてあげるなどのスキンシップを積極的に重ねましょう。

楽しいこと7、しつけ3くらいの割合で楽しむことを中心、そこにしつけを絡ませるくらいの気持ちで丁度良いでしょう。

信用がないと、しつけをしても効果はありません。

フェレットのしつけはいつから?失敗しないしつけ方!まとめ

  • フェレットのしつけはお迎え後1週間くらいから少しずつ行いましょう。
  • フェレットのしつけは長期戦、根気が重要であることを念頭におきましょう。
  • しつけにこだわり過ぎず、信頼関係と愛情をたっぷり注ぎましょう。

フェレットはしつけで数日で改善されることは稀です。

まずは愛情をもって接してあげること。

人を信用するようになったフェレットはしつけもしやすくなります。

こつこつ、根気よく、フェレットのペースにあわせていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。