パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について。

パスバレーフェレットはマーシャルフェレットに次いで多く日本にやってきているフェレットです。

パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について。

小さいころから輸入されてくるため、噛み癖がある子がやや多い種類です。

パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について解説します。

スポンサードリンク

パスバレーフェレットの特徴

パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について。

パスバレーフェレットは生後ほどなく母親と離されて輸入されるため、噛み癖がやや多いフェレットです。

かなり小さい段階で輸入されるため、ショップではとてもかわいらしいベビーが並びます。

小柄な割に筋肉質で病気に比較的強いのも特徴です。

パスバレーフェレットの性格

パスバレーフェレットは好奇心旺盛で、いろいろなものに興味を示します。

怖いものしらずで高いところからも平気で飛び降りたりするので(フェレットには元々高さの概念がありません)、放牧時は注意が必要です。

じゃれて噛んでくることも多いので、噛み癖が強い個体は早めのしつけをしましょう。

パスバレーフェレットの価格

パスバレーフェレット日本に比較的多く輸入されているため価格も安定しています。

パスバレーフェレットのお迎え価格は30.000円~50.000円前後です。

成長した個体もしくは噛み癖の強い個体は価格が安い傾向にあります。

スポンサードリンク

パスバレーフェレットの噛み癖

生後まもなく母親から離されて輸入されるパスバレーフェレットは噛み癖がある個体が多めです。

強い噛み癖を持つ個体もあるので、早期に噛み癖のしつけを行いましょう。

飼い主と信頼関係がないと、叱っても反抗または怖がらせるだけなので、日ごろから愛情をかけて接しましょう。

※噛み癖のしつけの仕方はこちらに書いていますのでお読みください!
■パスバレーフェレットの噛み癖のしつけ方と心理
■フェレットの噛み癖と噛むようになった場合の対処法この3つで解決!
■赤ちゃんフェレットの噛み癖を直す3つのしつけ方法。

パスバレーフェレットの寿命

他のフェレットと大差はなく、パスバレーフェレットの寿命は6~8年ほどです。

10年以上生きる個体も多いです。

4歳をすぎたら病気にかかりやすくなるので、定期的に健康診断を受けましょう。

パスバレーフェレットの飼い方、特徴、性格、価格、噛み癖について。まとめ

  • パスバレーフェレットは病気に強く、ベビーフェレットでショップにお目見えする機会が一番多いフェレットです。
  • 性格は好奇心旺盛でやんちゃ。いたずら大好きな子が多いです。たくさん遊びたい人向けです。
  • 噛み癖が強い個体が多いので、小さいうちからきちんとしつけしましょう。

パスバレーフェレットは人によく懐き、明るい性格の個体が多いです。

身体も引き締まった子が多く、人気のひとつです。

噛み癖がでる個体が多いので、噛み癖がでた子は早めのしつけをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。