フェレットと犬の同居/共存は相性が大切!見極めるポイント!

フェレットと犬、一緒に飼えると毎日が楽しそう!と思いますよね。

フェレットと犬の同居/共存は相性が大切!見極めるポイント!

犬を飼っていてフェレットを迎えたい!フェレットがいて犬を迎えたい!ということもあるでしょう。

今回はフェレットと犬の同居/共存のポイントや問題点を解説します。

スポンサードリンク

フェレットと犬、どちらが先住?

フェレットと犬を同居させるにあたり、両方を同じ日にお迎えするのはかなり稀で、基本的に犬かフェレットのどちらかが既に家にいる(先住している)ケースがほとんどです。

お迎えしてから相性が悪いと、フェレットも犬もストレスが溜まってしまうのは可哀想ですし、飼い主も悲しいですよね。

けんかがひどく、同居どころではない相性だと、最悪の場合里親を探さなくてはならなくなります。

どちらが先住かによって、あとから選ぶ犬かフェレットの性格や性質を見定める必要があります。

犬が先住の場合(フェレットをあとから迎える場合)

フェレットと犬の同居/共存は相性が大切!見極めるポイント!

フェレットは好奇心旺盛なので、犬に物怖じせずに自分から犬へ向かっていく子が多いです。

フェレットをお迎えした場合には、先住の犬を優先してお世話、可愛がって、「先住の犬が順位が上」というのを犬にわからせて安心させてあげる必要があります。

すべてのお世話において先住の犬を優先しましょう。

気性が荒く、他の犬に対して攻撃的なところがある犬はフェレットにも同様に攻撃的な傾向があるので、一緒の部屋に放すのはやめて、ケージ越しの接触にさせましょう。

フェレットが先住の場合(犬をあとから迎える場合)

犬は攻撃性の低い犬種や温和な性格の子を選びましょう。

小型犬は大型犬に比べて気が強い性格が多いので、小型犬を迎え入れる場合は特に慎重に相性を判断する必要があります。

穏やかな性格の子なら、フェレットと仲良くなれる(攻撃しない)可能性が高くなります。

この場合、「仲良くする」ことより「攻撃しない、けんかをしない」ことをまず優先に考える必要があります。

万が一のケンカやとっさの行動に十分備えること!

このように、犬とフェレットは人間が相性を配慮することによって、同居は可能です。

スポンサードリンク

しかしながら、同じ部屋に放すのは飼い主の管理下のもと、十分な配慮がなければ難しいといえます。

普段相性がよくみえても、何をきっかけにケンカになるかわかりません。

どちらかが本気になると流血や怪我はさけられないものになります。

犬、フェレットを同じ部屋に放すときは、万が一のことを考えて犬、フェレットをすぐに引き離せる準備をしておきましょう。

酢を水で薄めたスプレーや、犬もしくはフェレットにリードをつけていつでも引き離せるようにしておきましょう。

悪い意味で「信用し過ぎない」

ペットは家族です。
しかし、人間とは違う生態と本能を持つ「動物」であることを忘れてはいけません。

どんなに訓練を受けている動物でも、何をきっかけに本能が優先されてしまうかわかりません。

「うちの子は犬や猫を襲ったりしない」「うちのわんちゃんは絶対に噛まない」

信用は大切です。

しかし信用しすぎず、いつでも飼い主さんが制御できる状態を保っておくことが、万が一の動物の噛傷事故などを防ぐことになります。

特に人に怪我をさせた動物は場合によってはそのまま飼育することができなくなります。

本当に愛する家族のためを思うなら、悪い意味で信用しすぎないようにしましょう。

フェレットと犬の同居/共存は相性が大切!見極めるポイント!まとめ

  • フェレットと犬の同居/共存は飼い主が細心の注意を払う必要があります。
  • 攻撃性の低い犬種や性格の犬を選び、先住側を優先した接し方、お世話を続けましょう。
  • 万一の事態に備えて、犬とフェレットを引き離せる準備を常にしておきましょう。

犬とフェレットのいるにぎやかな生活はあこがれます。

しかし、楽しいことばかりではありません。

犬やフェレットの相性をきちんと見極め、「とっさの行動」「万一のけんか」に備えた対策も十分にとっておきましょう。あんがいち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。