フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方

フェレットとイタチってどう違うの?ハクビシンとの違いは?といった声がよくきかれます。

フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方

どれも良く似ており、ぱっと見では見分けがつきづらい種類です。

今回はフェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方を紹介します。

スポンサードリンク

イタチとは

フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方

イタチとは、イタチ属に含まれる哺乳類の総称のことで、フェレットも実は含まれています。

ただし、日本で「イタチ」と称する場合、指しているのは「ニホンイタチ」になります。

つまり、フェレットはイタチ属であるという意味では同義ですが、ニホンイタチであるかという意味ですと違うということになります。

ハクビシンとは

フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方

ハクビシンは分類学上からしてフェレットとは全く違う種類です。

フェレットはイヌ亜目イタチ科なのに対し、ハクビシンは、食肉目ネコ亜目ジャコウネコ科に属します。

シルエットがなんとなく似ていたり、肛門の当たりに臭腺(においのもと)を持っている共通点はありますが、全く別の種類です。

気性は非常に荒く、ペットにはなりません。

フェレットとは

フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方

フェレットは、ヨーロッパケナガイタチというイタチをペット向けに改良した種類です。

ペットとしての歴史は古いですが、犬や猫に比べ野生味が強い傾向にあります。

ペットショップで購入出来るフェレットは、不妊手術(オスは去勢手術、メスは避妊手術)と臭腺除去をされており、オスメスがいても一般家庭で繁殖することはできません。

専門店で未手術フェレットを手に入れることはできますが、繁殖期に気性が荒くなったり、においの面で特に強烈なので、初心者~中級者は絶対に手を出さないほうが良いでしょう。

フェレットとイタチとハクビシンの違いと見分け方まとめ

  • 日本でいうイタチ=ニホンイタチを指し、イタチの広義で言えばフェレットも当てはまります。
  • ハクビシンはネコ科の動物で、似ているようで全く違う種類です。
  • フェレットは、ヨーロッパケナガイタチの改良種になります。

こうしてみるとフェレット、イタチ、ハクビシンは全然違う動物なのがわかりますね。

野生味が強いとは言え、フェレットはペットとして品種改良を重ねてきたことがよくわかります。

人に愛される顔立ちや性質はフェレットが大好きな人たちの改良の結果なんですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。