カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方

カナディアンフェレットは噛み癖が強く、しつけが必要なフェレットです。

カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方

がっちりした骨太の個体が多く、噛む力がとても強いので、噛み癖がつくと大変です。

今回は、
・カナディアンフェレットが噛む理由
・カナディアンフェレットの噛み癖のしつけ方

についてそれぞれ解説します。

スポンサードリンク

カナディアンフェレットが噛む理由

カナディアンフェレットが噛む理由は実は結構いろいろあります。

・運動不足、ストレス。
・噛む力加減がわかっていない。
・具合がわるい。
・環境に慣れていない。

これらの理由について解説していきます。

運動不足、ストレス。

フェレットは運動を必要とする動物で、運動不足が続くとストレスがたまってしまいます。

1日最低1時間は部屋に放牧して運動不足を解消させましょう。

ストレスが抜けて性格が穏やかになっていく効果もあります。

噛む力加減がわかっていない。

フェレット本人は遊びのつもりでじゃれていても、人にとってはとても痛い事があります。

これはフェレットには全く悪気はありません。

「これ以上噛むのは痛い」ということをきちんとフェレットに理解してもらいましょう。

具合がわるい

どこか怪我をしていたり、具合が悪いという可能性もあります。

足や手といったからだの特定の部分を触ると噛みつく、といった場合はこのケースを疑いましょう。

この場合は様子見をせずに、すぐに病院に連れて行きましょう。

スポンサードリンク

環境に慣れていない

お迎えされたばかりや、部屋の模様替えをしたときのフェレットは、落ち着かなくてガブガブいってしまうことがあります。

特にお迎えしたばかりのときは、ストレスがとてもかかっている状態です。

環境に慣れて落ち着くまでの間(1週間~)は最低限のお世話だけして、見守って上げましょう。

カナディアンフェレットの噛み癖のしつけ方

カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方
フェレットの噛み癖は、すぐにその場で叱ることです。

時間が経ってから叱ると、叱られた理由と原因がフェレットには理解ができず、「叱られた」という嫌な気持ちだけが残り、人に対して不信感を持ってしまいます。

とくにカナディアンフェレットは負けず嫌いなところがあり、噛み癖を治すには根気が必要です。

また、叱る際は体罰にしてはいけません。

体罰は逆に凶暴化、悪化する可能性だけでなく、フェレット本人が大怪我をすることもあるからです。


・大げさに反応して驚かす。
・噛まれた指をそのまま口につっこむ。

これらの噛み癖のしつけ方の実行方法について解説します。

大げさに反応して驚かす

「イタッ!」「ダメ!」と大声とともに大げさに反応する方法です。

声にびっくりして噛むのをやめたらすぐにたくさんほめてあげましょう。

個体によっては気にしないタイプもいます。

その場合は別の方法を試しましょう。

噛まれた指をそのまま口につっこむ

フェレットが強く噛んできたら、かんでいる指をフェレットの喉の奥に突っ込んで「オエッ」とさせましょう。

一番効果があるといわれる方法ですが、慣れてないとフェレットにさらにかまれたり、フェレットの喉に傷をつけてしまう可能性があります。

この方法を行うときは突っ込み過ぎない、爪でフェレットの喉を傷つけないように、爪を丸くしてから行いようにしてください。

フェレットに噛まれてしまったら

フェレットに噛まれてしまったら、傷の度合いによっては放置をしてはいけません。

流血するほど深い傷の場合はかならず病院で手当てを受けましょう。

動物の唾液や歯には人間が持っていない雑菌があるからです。

詳しくはこちら↓
■フェレットに噛まれたとき、腫れの対処法と病気について。

カナディアンフェレットが噛む理由と噛み癖のしつけ方まとめ

  • カナディアンフェレットは、噛み癖が強く、しつけを行う必要があります。
  • ストレスや環境の変化などで噛み癖がでることもあります。観察して原因をつきとめましょう。
  • 噛み癖はすぐには治りません。気長に治していきましょう。

フェレットの噛みは、フェレットにとっては自然な行動です。

しかし、人と共存するためには、噛み癖を抑えていかなければなりません。

フェレットにも人にもストレスなく快適に過ごしてもらうために、しっかり躾をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。