フェレットの虫歯の症状と原因、治療、予防方法まとめ

フェレットは実はとても虫歯になりやすい動物です。

フェレットの虫歯の症状と原因、治療、予防方法まとめ

虫歯になると食事がきちんととれなくなり、栄養不良や別の病気になったりします。

今回はフェレットの虫歯の症状と原因、治療、予防方法を解説します。

スポンサードリンク

フェレットの虫歯の症状

フェレットの虫歯の主な症状として、
・歯が黒ずんできた。
・食べるときに頭を振りながら食べる。
・口臭がでてきた。

これらがみられたら早急に獣医に診てもらうようにしましょう。

歯石がつくとかなりとれにくいので、動物病院で削ってもらうしかありません。

放置すると食事をとれなくなり、栄養障害から病気になってしまいます。

フェレットの虫歯の原因

フェレットの虫歯の症状と原因、治療、予防方法まとめ

フェレットの虫歯の一番の原因は食生活です。

フェレットは餌を昼夜を問わず何度も分けて食べるので、口の中に食べ物が常についた状態になり、歯石がつきやすく、虫歯になりやすいのです。

特にやわらかい餌は歯の間に残りやすく、虫歯の原因になります。

他にも糖分の多いオヤツなどを多くあげていると、歯のエナメル質を溶かし、虫歯になりやすくなります。

スポンサードリンク

フェレットの虫歯の治療

動物病院で歯石除去の治療や虫歯の治療を受けることになります。

虫歯になっている場合は、麻酔を使って抜歯することもあるので、多額の治療費がかかってしまうこともあるようです。

歯石除去で1回5000円~、抜歯になると7万円~かかります。

※歯石除去も麻酔を使うともっと高くなります。

治療より予防をいかにしていくかが、大切になります。

フェレットの虫歯の予防方法

フェレットの虫歯の予防方法は大きく3つあります。

・ドライフードに切り替える。

・歯石をこまめにとる、歯磨きをする

これらを解説していきます。

ドライフードに切り替える

ドライフードは虫歯になりにくいだけでなく、歯石を落とす役割もあります。

水分を含んでいるウェットフードは、まだ歯のそろっていないフェレットベビーには最適ですが、大人のフェレットにはできるだけドライフードを与えましょう。

歯石をこまめにとる、歯磨きをする

歯石は歯の表面にみられる黒いものです。

この歯石を放置すると虫歯になってしまいます。

週に1回程度口内チェックをして、こびりつく前の歯石をぬぐってあげましょう。

かまれないように注意と手袋をつけて行いましょう。

硬くてとれなくなってきたら、ペットショップや動物病院で、歯石を除去してもらうといいでしょう。

フェレットの虫歯の症状と原因、治療、予防方法まとめ

  • フェレットは歯石ができやすく、虫歯になりやすい動物です。
  • ウェットフードは歯石がたまりやすいので、おとなになったらドライフードに切り替えましょう。
  • 歯石をこまめにとりのぞき、歯磨きをして予防につとめましょう。治療は費用が高くなる傾向にあります。

虫歯はフェレットにはよくある病気です。

歯石を放置すると最悪抜歯などをしなければいけません。

こまめな口内ケアを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)