フェレットの歩き方がおかしい、変なときの原因と対処法!

フェレットと遊んでいて「歩き方がおかしい」「いつもと歩くのが変」といったことがあった場合、早急に原因を確かめて対処する必要があります。

フェレットの歩き方がおかしい、変なときの原因と対処法!

毎日のお世話、放牧、遊びの時間を通して、フェレットの様子をチェックする癖をつけましょう。

今回はフェレットの歩き方がおかしい、変なときの原因と対処法について解説します。

スポンサードリンク

フェレットの歩き方がおかしい原因

フェレットの歩き方がおかしくなる原因はいくつか考えられます。

・骨折している。
・肉球にゴミや小石がはさまっている。
・栄養のかたより。
・関節炎などの病気。

これらについて解説していきます。

骨折している

高いところから落ちた、ものに挟まった、ドアにぶつけたなどで、骨折していると、痛いほうの足をかばうため歩き方がおかしくなります。

足をさわってみていたがる、怒るときには骨折を疑い、病院に連れて行きましょう。

※こちらに詳細を記載していますのであわせてどうぞ。
■フェレットの骨折の症状と治療費(指/足/前足/尻尾)

スポンサードリンク

肉球にゴミや小石がはさまっている

フェレットの肉球は実はとても敏感です。

肉球の間にゴミや小石などが挟まっただけで正常に歩けなくなります。

特にお散歩や放牧後は肉球のケアをして、傷がついていないか、ゴミが挟まっていないかをチェックしてあげましょう。

栄養のかたより

おやつや人間のたべものばかりを与えられて育ったフェレットの場合、栄養バランスが崩れていることがあります。

成長に必要なカルシウムやビタミンなどの不足によって、関節の弱いフェレットに成長する事があります。

成長期には栄養のバランスがとれている総合栄養フードを与えるようにしましょう。
フェレットの歩き方がおかしい、変なときの原因と対処法!

関節炎などの病気

高齢のフェレットは多くの病気になりやすい傾向にあります。

歩き方に影響がでる病気として、関節炎などがあります。

病気の進行度合いによっては完治が難しくなりますので、早めの獣医の診察が大切になります。

フェレットの歩き方がおかしい、変なときの原因と対処法!まとめ

  • 日ごろのお世話や遊びから、歩き方に異常がないかチェックする癖をつけましょう。
  • 骨折や肉球にゴミが挟まったり傷があると歩き方が悪くなります。
  • 栄養のかたよりや病気でも歩き方が悪くなります。

日ごろのお世話からよく観察することが、早期発見のポイントです。

普段から肉球や足、関節を触る癖をつけて、こまめに身体チェックをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)