フェレットの夏対策に扇風機は効果なし!熱中症を予防するコツはこれ!

フェレットは暑さに非常に弱い動物です。

フェレットの夏対策に扇風機は効果なし!熱中症を予防するコツはこれ!

日本で飼育されているフェレットは、どこに住んでいても対策をしなければいけません。

扇風機で冷却をする人も多いと思いますが、実は効果がありません!

今回はフェレットの熱中症対策を紹介します。

スポンサードリンク

フェレットの冷却に扇風機は効果なし!

フェレットの体温を下げるのに、扇風機だけでは全く効果がありません

人が扇風機で涼しさを感じるのは汗が蒸発する「気化熱」によるためです。

フェレットは汗をかくことができないため、気化熱を使って涼しさを得ることが出来ません。

フェレットにとって扇風機は周囲の空気をかき混ぜているだけで、冷却効果は得られないのです。

扇風機を使って冷却をする場合は、扇風機とケージの間に氷や水を置いて、気化させることで冷却をはかりましょう。

しかし、猛暑を乗り切るような冷却効果は期待できません。

夏の初めやちょっと暑いかな?という時などのつなぎとして使う程度で、扇風機は基本的に効果がないと考えましょう。

※こちらもあわせてチェックしてみてください↓
■フェレットの熱射病/熱中症の症状と対策!必読!

フェレットが快適に過ごせる温度

フェレットは高温に非常に弱く、夏場が苦手です。

フェレットが快適に過ごせる室温は「15度~22度」とされています。

人が快適に過ごせる室温でも夏ばてや体調不良、熱中症のリスクが非常に高い生き物です。

30度を越えると、命に関わるリスクが高くなるため、フェレットと暮らすには、夏場はエアコンを常時稼動させることが必須になります。

スポンサードリンク

フェレットの熱中症を予防するコツ

フェレットの夏対策に扇風機は効果なし!熱中症を予防するコツはこれ!
フェレットの熱中症を予防するコツとして
・エアコンをフル活用。
・飲み水に氷のカケラをひとつ入れる。
・通気性のよいハンモックに交換する。

これらについて解説していきます。

エアコンをフル活用

フェレットを飼育するにあたり、夏場のエアコン使用は必須といえます。

エアコンなしでの飼育はほぼ熱中症、最悪の場合、命を落しかねないことになります。

午前中はまだ涼しくて良いですが、昼前~夕方4時くらいの間は最低でもエアコンを入れてあげましょう。

飲み水に氷のカケラをひとつ入れる

飲み水に氷のカケラを入れて保冷するのも良い方法です。

あまり冷やし過ぎるとおなかを壊してしまうので、カケラ程度にとどめましょう。

市販のひんやりシートや凍らせたペットボトルをケージに入れる方法もあります。

シートを誤飲したり、ペットボトルに挟まれたりといった事故につながらないよう、フェレットの手に届かないように設置しましょう。

これはフェレットによっては、おもちゃになったり、ペットボトルに挟まれる事故の可能性もありますので、使用するときは注意が必要です。

通気性のよいハンモックに交換する

夏場は通気性のよいハンモックを使用するようにしましょう。

これだけでも蒸れや体温の上昇を防ぐ役割があります。

特に夏場はハンモックが汚れやすいので、最低でも3枚の替えを用意しておくと良いでしょう。

フェレットの夏対策に扇風機は効果なし!熱中症を予防するコツはこれ!まとめ

  • フェレットは室温28度を超えると熱中症や命の危険が生じます。
  • 夏場はエアコンをフル稼働するつもりで使いましょう。
  • 飲み水やハンモックなどを工夫して冷気を取り入れましょう。

フェレットにとって、日本の夏は非常に過ごしづらい季節です。

過保護なくらいの室温対策が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)