失敗しないフェレットのトイレのしつけの3つのポイント!

新米フェレット飼いさんが悩む大きな壁は「トイレのしつけ」です。

失敗しないフェレットのトイレのしつけの3つのポイント!

フェレットはトイレを覚えにくい動物ですが、コツをおさえてしつけをすればきちんと覚えてくれます!

今回は、失敗しないフェレットのトイレのしつけのコツをまとめました。

スポンサードリンク

フェレットにしつけをする前に

フェレットのしつけは根気がとにかく必要であることを知っておかなければなりません。

何度も何度も根気よく、同じ行動を繰り返すことで少しずつ覚えていきます。

数日で覚えるのはかなり難しく、数週間~数ヶ月は当たり前にかかると思っておきましょう。

フェレットのトイレのしつけ方法

フェレットのトイレのしつけは根気が大切です。

「場所を覚えてもらう」「トイレだと認識してもらう」ことを順序良く教え込んでいきましょう。

・フェレットのトイレの場所。
・粗相は無言で片付ける。
・間違えても叱らない。

この3つのポイントを抑えてじっくり教えていけばしつけることは可能です。
詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

フェレットのトイレの場所

フェレットは後ずさりしながら排泄をします。

そのため、ケージの角にトイレを設置すると、フェレット的にも都合がよく、覚えやすいようです。

トイレを設置したあとは排泄物を予めちょっとだけ入れておくと、トイレの場所だと少しずつ覚えるようになります。

粗相は無言で片付ける

他の場所で排泄してしまった場合は、すぐに片付け、ウェットティッシュやペット用消臭スプレーなどでニオイが残らないようしっかりふき取りましょう。

トイレにはいつも排泄物を少々おき、それ以外の場所は徹底的に片付けて、トイレの場所を強調しましょう。

フェレットはとても綺麗好きです。

排泄物がたまりすぎると、別の場所でトイレをするようになりますのでこまめに掃除しましょう。

間違えても叱らない

失敗しないフェレットのトイレのしつけの3つのポイント!

トイレ以外の場所で粗相していても絶対にしかってはいけません。

特に、名前を呼んで叱るのは絶対にやってはいけません!

折角つけた名前に悪いイメージを持ち、呼ばれてもこなくなってしまいます。

無言で速やかに片付けましょう。

失敗しないフェレットのトイレのしつけの3つのポイント!まとめ

  • フェレットの躾は根気との戦いと認識しましょう。
  • 粗相は叱らず、速やかに片付けるのを徹底しましょう。

フェレットのトイレのしつけは根気が必要です。

最初は何度も失敗します。

諦めず何度も教えてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)