フェレットの寝言の悲鳴の原因と病気について。

フェレットが寝ているときに突然うめき声や悲鳴をあげたりすると「病気?」「どこかいたいの?」って心配になりますよね。

フェレットの寝言の悲鳴の原因と病気について。

フェレットは普段鳴く事がほとんどないので、寝言や悲鳴は驚かれる飼い主さんも多いと思います。

今回はフェレットの寝言や寝言の悲鳴にまつわる原因や、可能性のある病気について解説します。

スポンサードリンク

フェレットは寝言が多い!

フェレットは実は寝言が多い生き物です。

「クー」「キュウキュウ」といった寝言から、「アーッ!」のような悲鳴に近い寝言も出します。

最初きいたときは本当に驚きました。

普段ほとんど鳴かない動物なので、寝言を言うのがとても意外ですよね。

フェレットも寝言を言います。

眠りの深さ、浅さにはあまり関係がなく、個体差もあるようです。

頻度は多めです、たまに寝言をいう程度なら、基本的には心配要りません。

スポンサードリンク

気になる寝言のパターン

フェレットの寝言の悲鳴の原因と病気について。
フェレットの寝言は基本的には心配するものではありませんが、下記の場合は注意してより深く観察し、場合に応じて病院に連れて行く必要があります。

・寝言が毎日続く。
・寝言を言いながら嘔吐した。
・苦しんでいるようにみえる。

寝言から考えられる病気

毎日で無ければまず心配はいらないと思いますが、寝言もしくは悲鳴のような寝言が数日続く場合は病院に連れて行ったほうが良いでしょう。

精神的に不安定だったり、腫瘍などで痛みがある可能性があります。

その他、おきているときの様子、食欲や運動量などに変化がないかもチェックするようにしましょう。

フェレットの寝言の悲鳴の原因と病気について。まとめ

  • フェレットは寝言を出す動物で、寝言は基本的には心配いりません。
  • ただし寝言が数日続く、悲鳴のような寝言が多い、おきてる時の様子がちょっと変わった時には病院へ!

フェレットは基本的に鳴かないので、寝言をきくとびっくりするかもしれません。

悲鳴だったらなおさらです。

精神的に何か不安定なのか、体調が良くないのかをよく観察して見極めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)