フェレットアレルギーの症状と対策/予防。喘息など注意!

フェレットをお迎えする前に知っておきたい「フェレットアレルギー」のこと。

フェレットアレルギーの症状と対策/予防。喘息など注意!

アレルギーがあるとフェレットと一緒に暮らすことは相当厳しくなったり、飼育環境に制限がでてしまいます。

お迎えしてから後悔のないように、フェレットアレルギーについて知っておいてください。

スポンサードリンク

フェレットアレルギーの主な症状

フェレットアレルギーとは、人間がフェレットに接触する事で人間がアレルギーを起こしてしまうことです。

稀に飼育後しばらくたってから発症することもあります。

人間側の免疫や抗体反応による原因なので、フェレットに対して対策を講じることはできません。

主な症状は以下のとおりです。

・かゆみ/かぶれ/湿疹

・じんましん

・ぜんそく/呼吸困難

これらの症状が出た場合はすみやかに医師や獣医さんの診断を仰ぎ、「フェレットを飼育している」「フェレットと接触した(もしくは他の動物と接触した)」ことをあわせて告げておきましょう。

スポンサードリンク

予防対策

フェレットアレルギーを予防する方法は、アレルギーの原因の「アレルゲン」との接触機会を抑えることです。

・フェレットの居住スペースだけでなく居住環境全体を清潔に心がける。

・寝室にケージを置かない。

・ハンモックやおもちゃはこまめに交換、洗濯をする。

・風通しをよくしてアレルゲンが停滞しないようにする。

・こまめにお風呂にいれる。

アレルギーは重度になると命にかかわります。

かゆみがとまらない、咳き込むことが増えたなどの「おかしいな?」という症状がでたらすぐに病院に行きましょう。

フェレットと共存できる道を

フェレットアレルギーの症状と対策/予防。喘息など注意!

フェレットアレルギーを発症しても、お医者さんや獣医さんと十分に協議のうえ、できるだけ一緒に生活できる道を模索してあげてください。

フェレット専用部屋を作る、掃除を頻繁にする、空気清浄機を導入するなど、軽度であれば共存が可能かもしれません。

それでもどうしても一緒に暮らせない時は、飼い主さんの最後の愛情として「安心して託せる」里親さんを探してあげてください。

フェレットアレルギーの症状と対策/予防。喘息など注意!まとめ

  • フェレットアレルギーは軽視すると命に関わることもあります。
  • 少しでも症状が出たらフェレットがいることを伝えた上で医者の診断を仰ぎましょう。
  • こまめな掃除、洗濯をして、アレルゲンが室内に充満しないように心がけましょう。

フェレットアレルギーは稀におこる症状ですが、軽度であれば一緒に暮らすことは可能です。

毎日の掃除などが必須になりますが、短いフェレットの一生、ずっと暮らせるよう努力してみてください(医師の判断が最優先です)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)