シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!

フェレットはなつきにくい、なつかないといわれている動物ですが、実は凄く慣れます!
フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!
犬や猫と比べ、懐きにくい部分は多少あるかもしれません。

しかし、ポイントを抑えるだけで、どんなフェレットでも人間大好きなベタ慣れフェレットになります。

今回はフェレットのなつかせ方の3つのポイントについてまとめました。

フェレットを懐かせる方法

フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!
フェレットを懐かせる方法として、以下の3つのポイントをおさえた接し方を普段から毎日行いましょう。

  • 日ごろのお世話をきちんとする。
  • 一緒に遊ぶ時間をとる。
  • 無理強いをさせない。

これらについて解説していきます。

スポンサードリンク

なつかせる方法1:日ごろのお世話をきちんとする

ケージの掃除、餌やり、声かけなど、日ごろのお世話を通してフェレットは少しずつ飼い主に信頼を寄せます。

それは1ヶ月かかるかもしれませんし、半年以上かかるかもしれません。

毎日のお世話の積み重ねがなつかせる秘訣で、最短の近道です。

なつかせる方法2:一緒に遊ぶ時間をとる

一日最低1時間はフェレットと遊ぶ時間をとりましょう。

おもちゃで遊んだり、服の中に入れてみたり、遊び方は沢山あります。

天気の良い日はハーネスをつけて散歩に出かけるのも良いでしょう。

毎日コミュニケーションをとるのが大切です。

ふれあいタイムだけしかもらえない特別なおやつや、ふれあいタイムだけのおもちゃがあると尚更良いです。

触れ合う時間が多ければ多いほど、フェレットは自分から飼い主さんのほうへ寄ってくるようになります。

なつかせる方法3:無理強いさせない

無理につかんだり、寝ているところを何度も起こしたりとフェレットが嫌うことをしないようにしましょう。

嫌なことをする人に心を開くはずがありません。

抱くときは優しく抱き寝ているときはそっとしてあげる。

飼い主が安心できる存在であることを、時間をかけて教えていきましょう。

こちらもあわせてどうぞ↓
■フェレットがなつかない理由とベタ慣れにする方法
■フェレットがなつくまでの期間となつかせるために必要な事まとめ!
■フェレットがなつくまでの時間と早くなつかせる方法

スポンサードリンク

フェレットと数ヶ月~年単位で気長に付き合う心構えを持ってください。

フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!
フェレットは懐きやすいか懐きにくいかのどちらかで判断すると、懐きにくい動物であると認識しなければいけません。

ペット用に改良されて日が浅く、犬のように人間をボスとして従う本能もありません。

しかし、フェレットは必ず飼い主に懐きます。

時間がとてもかかるだけです。

フェレットが人間に懐くまでに必要な時間の間に、人間が勝手に諦めて「懐かない動物だ」と判断しているに過ぎません。

数ヶ月かかるのは普通、年単位かかったという声もあります。

それだけの期間を根気よく、フェレットと付き合える人には絶対に懐きます。

フェレットとそれだけの長い期間向き合えるか、向き合ってきたのか、今一度考えてみましょう。

フェレットは野性味が強い

犬や猫と比べると、フェレットはペットとしての歴史が浅く、野性味が強い動物です。

好き勝手暴れ周り、あちこちかじり、疲れたら寝る。

自由奔放マイペース、それがフェレットという生き物です。

犬のように「スワレ」「マテ」といったコマンドで飼い主に従うペットとしてフェレットを飼うのであれば、おすすめしません。

フェレットは猫のように自由奔放、マイペース、でも飼い主さんが大好きな動物なのです。

管理人体験談~懐くまで半年

フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!
フェレットの虜になり、色々調べて道具を揃えて、いざお迎えしたときは本当に大変でした。

とにかく元気で毎回毎回ガブガブかみまくり、シーツやぶきまくり、抱いても暴れて逃げようとするといった具合の大暴れ小僧でした。

毎日たっぷり遊んで、抱っこして、なでて…。

でもあまり懐かなくて「フェレットは飼いにくいな」「このまま懐かないのかな」と不安になりました。

フェレットをお迎えしたことを後悔したこともこの時期にはありました。

それからさき一緒に生活する自信もなくなりかけていました。それくらい懐かなかったのです。

でも一度お迎えした以上責任もあり、毎日のお世話、できる限り遊ぶ日々が続いていました。

正直なところ、この時期は責任と義務でお世話をしていたのは否定できません。

半年になるころでしょうか、突然かまなくなりました。

手を差し出すと、かみつくどころかぺろぺろなめてきて、それまでの暴君が嘘のようでした。

今では部屋に放すとついてくるくらいにベタ慣れになりました。

突然懐いた理由はわかりません。

きっと彼の中で「信頼できる存在」になったのだと思っています。

このような感じで突然懐く場合もあります。

※フェレットはこのように突然懐くということが多いようです。

毎日時間をとってコミュニケーションを続けてください。

ほとんど諦めていた経験がある私にも懐きました。絶対に懐きます。

フェレットのなつかせ方!ベタ慣れになる3つのポイントでなつく!まとめ

  • フェレットは犬が人に従うようななつき方はほとんどしません。
  • 毎日のお世話、一緒に遊ぶことで、少しずつフェレットに飼い主を知ってもらいましょう。
  • ある日突然なつく例も数多くあります。諦めないで根気良く接してください。

フェレットをなつかせるのは時間がかかります。

最初はなつかなくて飼育を後悔してしまうこともあるでしょう。

フェレット飼いの人は誰もが経験しています。あなただけではありません。

ちゃんと懐いてくれます。

時間がかかるかもしれませんがその過程も楽しめる人が、マイペースなフェレットたちとの付き合いに向いているといえるでしょう。

シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 

♪おすすめフェレット記事♪

コメントの入力は終了しました。