シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェレットのしつけ!ビターアップルを効果的に使うポイント!

フェレットの噛み癖やしつけの一環として使われるアイテム、『ビターアップル』。
フェレットのしつけ!ビターアップルを効果的に使うポイント!
にがみ成分でフェレットのしつけに使うスプレーですが、使い方にコツがあります。

今回はフェレットのしつけにビターアップルを使う際の効果的な使い方としつけの注意点を紹介します。

スポンサードリンク

[milliard]

ビターアップルとは?


ビターアップルとは、リンゴの皮から抽出した天然の苦味成分でできたしつけ用の液体スプレーです。

フェレット用だけでなく犬や猫にも効果があります。

基本的な成分は同じですができるだけフェレット用を使うのがおすすめです。

なめると苦味を感じ、フェレットは不快感を感じます。

これを繰り返すことで、徐々になめたり噛んだりしなくなります。

これにより、噛み癖の矯正やしつけをする形になります。

効果的な使い方

フェレットのしつけ!ビターアップルを効果的に使うポイント!

ビターアップルの主な使い方は「イタズラをとめる」「噛み癖の矯正」といった、行動の制限、しつけに使うものです。

数回使っただけでは効果は現れません。

何度も何度も根気よく使い続けることが大切です。

イタズラをとめる

噛んでほしくないものや、入って欲しくない隙間の周辺にスプレーをかけます。

時間がたつと、効果がなくなるので、最初のうちは一日3~5回吹きかけましょう。

また、ビターアップルは、なめたり、噛んだりして効果がでるので「噛んで欲しくない場所やモノ」に吹き付けるのはあまり効果がありません。

そういった場合は、柵を設ける、フェレットの放牧中は手の届かないところに保管するなどして物理的に入れないようにしましょう。

スポンサードリンク

噛み癖の矯正に

ビターアップル
予め手にビターアップルを吹き付けておきます。

このときフェレットに見えないところで吹き付けるのがポイントです。

ビターアップルがついた手を噛むことで苦味を感じ「手を噛む=嫌な味がする」というのを覚えさせましょう。

特に幼年期フェレットは、元気一杯で好奇心のかたまり。
何度も何度も噛んできます。

数回/数日で覚えることは稀です。
数ヶ月かけるつもりで、とにかく根気よく続けてください。

また、名前を呼んでしかってはいけません。

名前=嫌なこと と学習するのを防ぐためです。

嬉しいこと=名前、おやつ

嫌なこと=ビターアップル、
「ダメ!」などの叱り台詞。

と決めて、飼い主さん自身もメリハリをつけて接するのが大切です。

噛み癖のしつけのあとは、大好きなオヤツをあげて手を嫌いにさせないようフォローも忘れずにしましょう。

ビターアップルが向かない、きかない子もいる

ビターアップルが向かない子もいます。

苦味を気にせず噛んでくる子や、逆に興奮して噛みがひどくなるようなタイプのフェレットにはききません。

そういった子には噛んだ瞬間に「ダメ!」と叱るなどしつけの方法は変わってきます。
(時間が経ってから叱るのは逆効果。必ず現行犯で叱りましょう)

ビターアップルが使えるかどうかは、実際に使ってみないとわかりません。

購入前に試供品を使ってみたり、同じフェレット愛好家から少量借りて使って効果を確認しても良いでしょう。

フェレットのしつけ!ビターアップルを効果的に使うポイント!まとめ

  • 噛み癖やしつけに使えるビターアップル。
  • 噛んで欲しくないものに吹き付けるなどしてしつけに使います。
  • 効果がなくなるので、最初のうちはこまめに吹きかけましょう。
  • 吹き付けているところは見せないように注意してください。

フェレットの躾はとにかく根気との戦いです。

ビターアップルはきちんと使えば、とても効果的で、安全な方法です。

迷っている人や、しつけに困っている人は、一度試してみてください。

シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 

♪おすすめフェレット記事♪