シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェレット飼育のデメリット3点!知らないと後悔します!

フェレットに限らず、動物をお迎えするとき、その動物のよいところばかりを想像していませんか?
知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。
動物を飼うという事は、楽しい事だけでなく、様々なデメリットも発生します。

今回はフェレットを飼育する際に発生するデメリットを紹介します。

デメリットを受け入れてなお、飼育できる覚悟がある人に大切に飼育して欲しいので読んでください。

フェレット飼育のデメリット3点

フェレット飼育のデメリット3点!知らないと後悔します!
フェレットは鳴くこともほとんどなく、飼いやすい、お金がかからないというイメージを持っている人も多い動物です。

しかし、実際にフェレットを飼育すると問題点が多いことに気づかされるはずです。

  • フェレットの匂い
  • 旅行や長時間の外出に制限が生まれる。
  • 費用がかかる。

それぞれの問題点について解説していきます。

スポンサードリンク

デメリット1:フェレットの匂い

動物を飼うとペット臭がどうしてもその家についてしまいますが特にフェレットはにおいが強い動物です。

日本のペットショップに入ってくるフェレットは、ほとんどが臭いの元になる「臭腺」の除去手術を行っていますので犬猫程度のペット臭に抑えられています。

ですが臭いが強めの動物には変わらないので、ケージやハンモックなどをこまめに掃除する必要があります。
知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。

トイレの掃除は毎日、ケージの丸洗いは月1回、ハンモックは2~3日に1回は取り替えて洗濯をしないと、フェレット特有のにおいが部屋に染み付いてしまうでしょう。

デメリット2:旅行や長時間の外出に制限が生まれる

フェレットに限らず、動物を飼育するということは家を長期にわたり不在にすることができなくなるということです。

例え数日分のエサや水をいれていったとしても、ストレスで暴れて怪我をする可能性もあります。

犬や猫ですとペットホテルに預ける方法もありますが、フェレットだとまだ受け入れ環境が万全とは言いがたいのが現状です。

フェレットの留守番は長くても2泊が限界です。

そのため、3泊以上の旅行や不在ができなくなります。
参考フェレットにお留守番をさせるときの注意点。

スポンサードリンク

3:費用がかかる

知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。
フェレットはお迎え価格(生体代)以上に費用がかかる動物です。

ざっと見積もっても、これだけの費用がかかります。

  • 生体代:3~7万円
  • ケージ等初期費用:5~6万円
  • フード代:毎月2000~4000円
  • 動物病院診察代:1000円~数万円
  • 予防接種等:7000円~
  • 夏のエアコン代:夏季15000円~

特に、フェレットは老化が早く、病気になりやすい動物です。

副腎腫瘍などの手術が必要になると、20~30万円の支出が必要になります。

フェレット自体の生体代が安くても、飼育費用は高めの傾向ですので、フェレットの飼育はある程度の経済的余裕ができてからの飼育がおすすめです。

知っておきましょう!フェレットを飼育する際のデメリット3点。まとめ

  • フェレットの臭いの問題。
  • 旅行や遠出の制限。
  • 飼育費用が意外とかかる。

フェレットの飼育は、意外とハードルが低いと思われがちです。

しかし、お迎えしてからの費用がかかり、臭い対策や旅行への制限などが生まれます。

これらの対策と覚悟を十分にした上でお迎えすることで、「こんなはずではなかった」という後悔も生まれにくいでしょう。

ただ確実にいえることはフェレットとの生活は本当に楽しく幸せです。

シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 

♪おすすめフェレット記事♪

コメントの入力は終了しました。