フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点

肉食動物でマイペースな動物の猫はフェレットと共通点も多く、一緒に飼育している人が実は多い動物です。

フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点

しかし共通点が多いからこそ、絶対に気をつけないといけないところがあります。

一歩間違うと、どちらかが大けがをする可能性もあるです。

フェレットも猫も快適に過ごせるよう、同居するときのポイントと注意点を紹介します。

フェレットと猫の「相性」が最優先

フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点
同居のポイントは、お互いの相性です。

互いに仲良く受け入れられれば同居は難しくありませんが、どちらかが拒絶するようであれば、同居は難しくなります。

無理な同居は思わぬ事故の原因になります。

同居が難しい場合は別室にする、1階と2階にわけるなど、生活環境をわけて顔を合わせないようにする配慮が大切です。

フェレットと猫の同居時のポイントと注意点

うまくフェレットと猫が同居できた場合、その喜び以上に注意するポイントがあります。

猫の特性、フェレットの特性をしっかり把握して環境を整える必要があります。

  • フェレットと猫の適温に注意する。
  • 餌はそれぞれ専用のものを与える。
  • ケージから出すときは細心の注意を!

これらについて解説していきます。

スポンサードリンク

フェレットと猫の適温に注意する

フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点

フェレットと猫の適正室温には実は差があります。

猫は27度ほど、フェレットは25度ほどで、2度も差があります。

猫の適温に合わせると、フェレットは暑さを感じるため、フェレットのケージの中に涼しく過ごせるグッズを入れてあげると良いでしょう。

逆にフェレットの適温に合わせる場合は、猫用ベッドにタオルケットなどをいれて保温するようにしましょう。

スポンサードリンク

フェレットと猫の餌はそれぞれ専用のものを

猫もフェレットもともに肉食で、近い嗜好を持っているため、フェレットにもキャットフード、あるいはその逆を与える人も中にはいるようです。

しかし、猫とフェレットの必要な栄養価は全く違うため、健康を害する可能性があります。

フェレットにはフェレットフード、猫にはキャットフードとそれぞれに適したフードを与えましょう。

また、どちらかがつまみ食いをすることがないように、餌は出しっぱなしにしないのがおすすめです。

ケージから出すときは細心の注意を!

フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点
ケージから出すときは細心の注意を払いましょう。

ケージ越しでは仲良くしていても、ケージから出したら思わぬケンカがはじまるかもしれません。

下手すると怪我をすることもあるので、すぐに互いを引き離せるように準備をして放しましょう。

最初はお互いリードをつけてからやるのが無難です。

フェレットと猫をリード無しで同じ空間に同居させるのは確かにあこがれます。しかしケガのリスクも高いので安易に行うことは絶対にやめましょう。

小さいときから同居させてみる

猫は縄張り意識が強く、特にオスは大きくなると同居している猫のオスとけんかをするようになります。

縄張り意識が芽生える子猫のころから同居させて、「一緒にいるのが当たり前」になるようにするのが良いでしょう。

また、オスは縄張り意識がどうしてもでてきますので、繁殖制限(去勢手術)を設けるのも方法です。

フェレットと猫を同居するときのポイントと注意点まとめ

  • フェレットと猫は共通点が多く、同居をしたい飼い主さんが多い。
  • 適温に差があるため、冷却、保温をしっかりしましょう。
  • 無理な同居は危険。相性が逢わないときは生活環境を分けましょう。
  • 子猫のときから同居させるのが上手く同居させるコツです。

ネットでみかける猫とフェレットの仲良し画像は本当に癒されますよね。

しかし簡単なことではありません。

お互いの相性を最優先にしなければいけませんので、絶対に無理強いはやめましょう。

シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

スポンサードリンク
 

♪おすすめフェレット記事♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)