シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件

フェレットは一人暮らしの人にも飼育できるペットとして注目を浴びている種類です。
一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件
しかし、一人暮らしで飼える=簡単というわけではありません。

実はフェレットは一人暮らしで飼うのは難しく、お金も沢山かかります。

今回は一人暮らしでフェレットを飼育するのに必要なお金や最低条件を解説します。

一人暮らしでフェレットを飼育するデメリット

一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件
フェレットは鳴き声をほとんど出さず、睡眠時間が18時間と非常に長い動物なので、一人暮らしでも飼いやすいペットとして注目されています。

しかし、一人暮らしでフェレットを飼育するのは簡単ではありません。

  • フェレットの臭い
  • フェレットは電気代が非常にかかる。
  • フェレットは医療費が非常にかかる。
  • 飼育スペースは常にきれいにしないといけない。
スポンサードリンク

[milliard]

フェレットの臭い

フェレットは結構臭いがきつく、好きで飼い始めてもその臭いに慣れるのには時間がかかるでしょう。

特に、未避妊/未去勢のフェレットは臭いが非常に強いです。

日本に輸入されているフェレットの大半は避妊・去勢がされており、においは軽減されていますが、元々臭いが強い動物であることを理解しておく必要があります。

一人暮らしでフェレットと一緒の部屋で過ごすことが多い場合、服や所持品に臭いが染み付くこともあります。

対策として、ペットに無害の消臭剤をこまめに使うようにしたり、洋服をしまう部屋にケージをおかないようにしましょう。

参考フェレットの臭い対策!賃貸やアパートの部屋は対策を!

スポンサードリンク

フェレットは電気代が非常にかかる

一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件
フェレットの快適室温は23度~26度です。27度を超える室温は熱中症を起こす恐れがあるほど、高温に弱い動物です。

夏の間はもちろん、春先や秋の最初のほうまで、ほぼ一日中エアコンをつけなければいけません。

直射日光があたらなくても、室温が27度を超えると、室内でも熱中症になります。

そのため、非常に電気代がかかります。

月の電気代が15000円以上になるのは覚悟しましょう。

フェレットは医療費が非常にかかる

一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件
フェレットは非常に病気にかかりやすい動物です。

4歳過ぎたフェレットで病気をしたことがないフェレットはほとんどいないといって良いくらい、何らかの病気にかかります。

老化するに従い、副腎腫瘍、インスリノーマなど、フェレット特有の病気にかかります。
参考フェレットの寿命と病気の症状。副腎やインスリノーマに注意。

病気の治療費、入院費だけでなく、状況によっては手術を必要とすることも珍しくありません。

手術になると30万円以上の出費になります。

フェレットの医療費に最低50万円の貯金を別に作っておくことが必須です。

フェレットを一人暮らしで飼育するための最低条件

フェレットに噛まれたとき、腫れの対処法と病気について。
フェレットを一人暮らしで飼育するために必要な最低条件は以下のとおりです。

  • フェレットのために使える貯金が50万円ほどある。
  • 通年エアコンをつけっぱなしの電気代を捻出できる。
  • 毎日最低1時間は遊んであげられる。
  • こまめな掃除、消臭対策をすることができる。
  • 2泊以上の旅行を控える、もしくはペットホテルを利用できる。

フェレットの飼育には非常にお金がかかること、臭いが強い動物なので、こまめな臭い対策ができること、1泊以上のお留守番をさせるときはペットホテルに預けることができることが必要です。

そして一番大事なのは、毎日遊んであげることです。

フェレットの飼育には、お金とこまめな掃除、そして何より愛情が不可欠です。

一人暮らしのフェレット飼い方と臭い対策!必要なお金と最低条件

  • 一人暮らしのフェレットの飼育は簡単ではなく、実はとても難しいです。
  • 熱中症になりやすく、夏場はエアコンの常時稼動が必須です。
  • 病気になりやすいため、ある程度の医療費を蓄えておきましょう。
  • 毎日遊んであげてフェレットへの愛情をたっぷりかけてあげてください。

フェレットは活動時間が短く、留守番は得意な動物ですが、臭いや室温維持の費用を考えると、一人暮らしで飼育するのは覚悟と資金がないと難しいといわざるを得ません。

簡単に飼えます、一人暮らしでも飼えますというのは間違いではありません。

しかし、最低条件があることを知っておいて下さい。

安易にお迎えして「こんなはずでは無かった」というのは飼い主さんも、フェレットも不幸です。

よく考えてみてください。

シェアお願いします•╰(*´︶`*)╯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
 

♪おすすめフェレット記事♪