マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方!実はこれだけ!

性格が穏やかで優しいマウンテンビューフェレットの噛み癖は少ない傾向ですが、中には噛み癖が強い頑固なタイプもいます。

マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方!実はこれだけ!

噛み癖が定着するとしつけに時間がかかるので、定着する前にしつけをしたいところですね。

今回は、マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方について解説します。

スポンサーリンク

フェレットは噛むことで情報を得ている

マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方!実はこれだけ!

フェレットは対象物を噛む事で、(対象物が)どういったものなのか、噛み心地で情報を得ている側面があります。

そのため、フェレットにとって噛むということは「悪い習慣」ではなく自然な行為のひとつです。

しかし、人の手や顔を噛むのは非常に危険なため、人と一緒に暮らすためにやめてもらうのがしつけです。

マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方

マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方!実はこれだけ!
フェレットの噛み癖のしつけをするにあたって大切なことは、「その場ですぐ叱ること」「なぜ叱られたかフェレットが理解できる叱り方をする」ということです。

噛むという行動に対し、飼い主がどういう行動をしたか。

その行動の結果、最終的にフェレットは嬉しかったのか、嫌になったのかがでフェレットに理解させます。

  • 大げさに反応して、噛む事を中断させてその隙にほめる。
  • 噛まれた指をそのまま口につっ込み喉を刺激し不快感を感じさせる(怪我注意)。

具体的な方法を順に解説していきます。

スポンサーリンク

大げさに反応して、噛む事を中断させてその隙にほめる。

噛まれた時「イタイ!」「ぎゃっ!」と大声で反応しましょう。

フェレットはその声にびっくりして噛むのをやめるはずです。

噛むのをやめたらすぐにたくさんほめてあげましょう。

「口を離したらほめられた」という印象を付けるようにしてください。

最初から理解することは難しいでしょう。

5回、6回と繰り返すうちに、ほめられる状況を理解してくるはずです。

噛まれた指をそのまま口につっ込み喉を刺激し不快感を感じさせる(怪我注意)

フェレットが噛んでいるとき、噛んでいる指をそのままフェレットの喉の奥に押し返して喉を軽く刺激しましょう。

フェレットは喉を刺激された不快感から「オエッ」となります。

こうしてフェレットは「噛んだら指が奥に入ってくる、気持ちが悪い!」と学習し、噛まなくなってくるでしょう。

噛まなくなったらたくさんほめてあげてください。

この方法は、フェレットの喉を傷つけてしまうこと、指を噛まれて怪我する危険性があります。

行う時には専門医や熟練者の指導の下、慎重に行ってください。

やってはいけない噛み癖のしつけ

フェレット

・感情的にしかる、怒鳴る。
・叩くなどの体罰。

フェレットの噛み癖のしつけで感情的に叱ったり、叩くなどの体罰は絶対に行ってはいけません。

怪我をしてしまったりするだけでなく、飼い主に対し不信感を抱いたりするおそれがあります。

フェレットは嫌いな人間に対して絶対に懐きません。

信頼関係を根底から崩すことにつながるので絶対にやってはいけません。

「感情的に叱ってしまいそうだ」「叩いてしまいそうだ」と思ったら、しつけを一旦やめてフェレットをケージに戻しクールダウンしましょう。
イライラしながらしつけてもフェレットは理解してくれません。

マウンテンビューフェレットの噛み癖のしつけ方!実はこれだけ!まとめ

  • マウンテンビューフェレットは穏やかな性格で、あまり噛み癖はみられません。
  • 噛み癖がつく前にしつけをすることが望ましいです。
  • 噛んだ時に行動を起こし、その行動の結果、噛む事をやめさせるという流れを覚えてください。。
  • 指を入れる方法は噛まれないよう、フェレットが怪我しないよう慎重に行ってください。

マウンテンビューフェレットはあまり噛み癖が強くありませんが、しつけが必要な場合もあります。

おっとりマイペースなタイプが多いため、しつけは時間がかかる傾向です。

ゆったりした気持ちでフェレットによりそってしつけをしていきましょう。

必ず覚えてくれます。

フェレットのしつけ
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント