フェレットが感じるストレス3つと影響について絶対知ってほしい事

フェレットは実はストレスに敏感な動物で、日常的な様々なことに小さなストレスを感じています。

フェレットが感じるストレス3つと影響について絶対知ってほしい事

ストレスが蓄積すると体調不良や病気の誘発などのリスクが生じるといわれています。

その中でもフェレットが特にストレスを感じやすい5つの事や影響についてお話します。

スポンサーリンク

フェレットの感じるストレス3つ

フェレットが感じるストレス3つと影響について絶対知ってほしい事

  • 運動不足
  • 室温
  • 飼育環境

フェレットが主にストレスを感じるところはこれらの状況です。

フェレットの飼育で押さえておきたい基本箇所ともいえますので、フェレットをこれから飼育しようとしている人はもちろん、今も飼育している人もおさらいしましょう。

運動不足

フェレットは運動不足に強いストレスを感じます。

1日中ケージに入れっぱなしの生活は運動不足で強いストレスを与えてしまうでしょう。

1日に最低でも1時間はケージの外に出して遊んだり運動をさせるように心がけましょう。

フェレットの放牧におすすめのサークルを実際に使ってみました!
参考フェレットの放牧におすすめのサークル!ストレス解消に!

スポンサーリンク

室温

フェレットは暑さ、寒さに弱い動物です。

特に暑さに非常に弱く、27度以上の気温で熱中症になってしまいます。

夏場はエアコンをつけっぱなしにする必要があります。

そのため、フェレットの飼育は実は非常に電気代がかかることも知っておきましょう。

飼育環境

フェレットは実はかなりの綺麗好きです。

トイレが掃除されていない、ハンモックなどの布製品が洗濯されていないなど、ケージ内の飼育環境が悪いと非常にストレスを貯めてしまいます。

特にトイレが汚いと雑菌が繁殖しやすくにおいも強いため、トイレは最低1日1回交換(夏場は3回が好ましいでしょう)し、布製品はストックを用意して毎日洗濯、月に1回はケージを丸洗いするのが望ましいです。

ペット用に改良されたとはいえ、においが強く汚れが出やすい動物なので、こまめな清掃と衛生管理がとても大切です。

ストレスがたまるとどうなる?

フェレットが感じるストレス3つと影響について絶対知ってほしい事
フェレットのストレスがたまっていくと「食欲不振」「下痢」「痩せ」「元気消失」などの症状が現れます。

体力、抵抗力が落ちていき、病気にかかりやすくなります。

特に室温管理が不十分だと熱中症により命を落すことも十分考えられます。

病気にかかると立て直すのに時間と医療費がかかってしまい、フェレット自身もつらいため、ストレスのサインを見逃さないようにしましょう。

フェレットが感じるストレス3つと影響について絶対知ってほしい事まとめ

  • フェレットは実はストレスを感じやすい生き物です。
  • 運動、室温、飼育環境が不適切だと特にストレスを感じます。
  • 毎日の放牧、適切な室温、こまめな掃除を欠かさず行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

フェレットはあまり感情を表に出さないようにみえる生き物なので、ストレスを感じているかがわかりにくいところがあります。

そのためストレスの蓄積に気づかず、ある日突然体調を崩してしまうこともあるのです。

そうならないためにも、今一度生活をみなおし、ストレスになっていないか確認してあげましょう。

その他フェレット情報 未分類
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント

  1. ゆんみ より:

    フェレットがストレスを感じている表情やしぐさが私にはわかりにくいです(私だけ??)
    何かわかりやすいサインはあるんですか?