フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。

フェレットは寿命が短く、あっという間に歳をとります。
フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。
愛するフェレットが旅立つとき、そばにいてあげられますか。

悲しく、つらいことですが、フェレットはきっとあなたにそばにいてほしいのです。

今回はフェレットを看取る意味について、必ず来る「別れの日」についてお話していきます。

スポンサーリンク

フェレットを看取る意味

フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。
あなたはフェレットと出会ってどんな日々を過ごすことができましたか。

初めて出会った日、お迎えをしようと家族会議をした夜、お迎えを決めた日。

お迎え前にケージやえさを選んだ買い物、フェレットが家にやってきた日。

それからの毎日はしつけに困ったり、病気で心配することがあったりしながらも幸せな日々だったことでしょう。

しかしその日々にも限りがあります。

別れの日が必ずやってきます。

それは寿命だったり、事故や病気で突然かもしれません。

看取らなかったこと、本当に後悔しませんか?

フェレット
フェレットを看取らなければならなくなったとき、あなたはそばにいてあげられますか。

「見ていられない」「かわいそうだ」と避けてしまいたくなるでしょう。

仕事や学校、色々な事情で看取れないことももちろんあるかもしれません。

しかし看取れるのに看取らなかった場合、本当に後悔しませんか?

大切な家族であるフェレットを一人で旅立たせてしまうことを本当に後悔しませんか?

看取る、看取らないの判断は飼い主さんの自由です。

ただ「看取ればよかった」「あの時逃げて看取らなかったことを今も後悔しています」という人は非常に多いです。

これを読んでいる人に後悔だけはしてもらいたくありません。

本当に看取らなくて後悔がないのか、よく考えてください。

後から後悔してもやり直しはきかないのです。

スポンサーリンク

旅立つフェレットが最期にのぞんでいること

フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。
フェレットは感情表現が豊かな動物ではありません(飼っているととても豊かです。あくまで一般論です)。

それでも飼い主さんに対して精一杯の愛情を傾け、大好きだと思ってくれています。

フェレットが旅立つときに最期にそばにいてほしいのは、きっと今まで一緒にいた飼い主さんのはずです。

病院という不慣れな場所で獣医さんに看取られるより、いつものおうちで大好きな飼い主さんたちに囲まれて旅立つことを望んでいると思います。

あなたに優しくなでられ、抱きしめられているのであればきっと死ぬのも怖くないと思うんです。

管理人のフェレット見取り体験談

フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。
私は今まで「キオ」をはじめ2匹のフェレットを看取りました。

失う怖さ、明日からこの子がいない生活が始まる怖さに看取りから逃げ出したくなりました。

でも苦しい中、周囲を見渡して私を探している姿をみて逃げることをやめました。

最期の最期まで私を求めてくれたフェレットたちに背を背けることはできませんでした。

結果的に看取れて本当によかったと思っています。

看取らなかったら「一人で逝かせてしまった」「どんな気持ちで逝ってしまったのだろう」と後悔していたに違いありません。

彼らの最期の呼吸、暖かさを私は一生忘れることはないでしょう。

管理人が愛フェレット「キオ」を看取った話を書いています。

キオのがんばった姿を読んでください。
参考フェレットのインスリノーマの症状/対処と治療費/食事について

さいごに

フェレットは寿命が10年以下と短く、出会いからお別れまでの時間が限られている小動物です。

それだけに1日1日が宝石のようでいとおしく、かけがえのない日々になるでしょう。

お別れのとき、笑顔で「元気でね」「また会おうね」といえるように、旅立つフェレットが心配しないように、最後まで頼りになる飼い主さんでいてあげてください。

フェレットもきっと「あなたに出会えてよかった」「毎日楽しかった」と思っているはずです。

その他フェレット情報 未分類
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント