フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

「ペットロス」という言葉をきいたことがありますか。

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

犬や猫などのペットを亡くした人がそのショックや喪失感から落ち込んだり、生活に支障をきたしてしまうことです。

もちろんフェレットも例外ではありません。何気ない一言が傷つけてしまうこともあります。

フェレットを亡くしてペットロスになっている人に言ってはいけない言葉を知っておきましょう。

スポンサーリンク

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉1.「また買えば(飼えば)いいよ」

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

フェレットに思い入れのない人からみるとフェレットをまた飼えば良いのではと考え、そのように励ましてしまうことでしょう。

しかし、飼い主にとって亡くしたフェレットは「かけがえのない存在」であり、新しいフェレットを迎えることで代わりにすることは絶対にできません。

そして飼い主自身も代わりとして新しくフェレットを迎えることが、新しいフェレットに対して失礼であることも知っています。

新しいフェレットを迎え入れるかどうか、その心の準備ができているかは人それぞれです。

数日で迎える人もいれば、数ヶ月、数年たっても迎えることができない人もいます。

周囲の人が安易に「新しくフェレットを迎えること」を提案すべきではありません。

スポンサーリンク

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉2.「もっと早く~すれば良かったのに」

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

フェレットは病気で亡くなるケースが非常に高い動物です。

そのため、飼い主さんの多くは「もっと早く気づいていれば」「あの時様子見をしなければ」「病院にいくのを先送りにしなかったら」と自分の行動を何かしら後悔しています。

そのため周囲の「もっと早く~すれば良かったのに」というような言葉は、たとえ何気なく言った一言でも精神的に追い討ちをかけるつらい言葉です。

わかっているのです。「あの時こうしていれば」という気持ちは周囲に言われなくても飼い主さん自身が誰より強く感じています。

過ぎてしまったことはどうしようもありません。

できることはただ一つ、今後またフェレットと暮らすときに、(亡くしたフェレットに対して)感じた後悔や過ちを繰り返さないことです。

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉3.「たかがフェレットでしょ」「大げさじゃない?」

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

ペットを飼育したことがない人にとって、ペットロスに陥って悲しむ人の様子は理解ができない、落ち込みすぎだと思う人は実は意外と多いのが現状です。

ペットロスの悲しみはペットを飼育している人しか分かち合えない部分があります。それは仕方ありません。

飼い主にとってフェレットは家族であり、家族を失った悲しみは例えようがありません。

ペットロスに陥っている人に対し、「たかがフェレットでしょ?」「ペットロスになるのがおかしい」「いつまで落ち込んでいるの」といった発言は絶対に止めましょう。

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉4.「天国のフェレットが悲しむよ」

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

「悲しんでばかりだと天国のフェレットが悲しむよ」「フェレットが悲しんでいるあなたをみて安心して天国いけないよ」

周囲は「早く立ち直ってほしい」という気持ちからこういった言葉をかけていると思います。

しかしこの発言は、飼い主が悲しいという感情をぶつける機会を奪うことにつながり、悲しみを我慢したまま生活し続けることになります。

「我慢しなくてもいいんだよ」「思い切り泣いて気持ちを吐き出していこう」

愛するフェレットを失った気持ちの整理をつけるためにも感情を解放し思い切り泣くことも必要なのです。

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉まとめ

  • ペットロスの人を励ますときは、そばに寄り添って聞き役に回るのが大切です。
  • ペットロスを克服するには個人差がありますので、出来る限り見守ってあげてください。

ペットロスになっている人をみてなんとか励ましたい、元気付けたいと思う人は多いでしょう。

しかし、かける言葉は慎重に選ばなければいけません。

言葉選びに自信がないときは無理に声をかけようとせず、そっと見守ることも大切です。

ペットロスを克服するまで、どれくらい時間がかかるかはわかりません。

個人個人のペースを尊重してあげてください。

その他フェレット情報
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント