愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

フェレットの飼育に必要なことは、食事、水、適度な運動と飼育環境です。

愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

それらがあればフェレットは飼育できますが、それだけではただ飼っているだけです。

フェレットにとって一番大切なのはあなたからの愛情です。

フェレットが愛情不足を感じているときや愛情をかけて育てられていないフェレットの特徴をまとめました。

スポンサーリンク

愛情不足のフェレットの特徴「懐いていない、人を嫌う」

愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

人から愛情を十分に受けていないフェレットは人に懐くことはほとんどありません。

人との信頼関係が十分ではないため、人を嫌ったり、逃げたり威嚇することがあります。

おやつをあげながら優しくなでたり、声をかけるなどスキンシップの時間を十分とりましょう。

スポンサーリンク

愛情不足のフェレットの特徴「トイレが汚い」

愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

人がフェレットに対して愛情を注いでいないことを第三者が判断する材料のひとつとして、トイレが汚いという点があります。

本来毎日交換するべきのトイレが汚れ放題だったり、「ハンモックが交換されることなく真っ黒(布製なので最低でも1日おきに交換しましょう)などはほぼ間違いなく愛情や手間をかけられていないと判断して良いでしょう。

こういった不衛生な飼育は飼い主とフェレット双方の健康を害するだけでなく、動物虐待にもなりかねません。

愛情不足のフェレットの特徴「爪が長い」

愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

フェレットは飼い主がケアをしないと爪が伸びっぱなしになる傾向があります。

そのため爪の長いフェレットは飼い主の愛情を受けていないと判断される材料のひとつです。

爪を伸ばしたままにするとハンモックの布地などに爪を引っ掛けてしまい思わぬ怪我をする場合があります。

愛情不足を感じているフェレットの特徴まとめ

いかがでしたでしょうか。

愛情不足を感じている傾向のフェレットや、飼い主が愛情を注いでいないフェレットの特徴をまとめました。

フェレットは犬や猫に比べて懐くのに時間がかかる動物ですが、愛情表現の豊かさは負けません。

人間に懐くように育てられたにも関わらず、飼い主に愛情を注いでもらえないフェレットは毎日をさびしく過ごすことになります。

やがて、人間に期待しなくなり、懐かなくなっていくのです。

そういった悲しい思いをフェレットにさせないよう、日々のお世話やスキンシップをしっかりとってあげてください。

その他フェレット情報
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント