インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!

冬になると流行する病気の一つとして「インフルエンザ」があります。

インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!

人のインフルエンザはフェレットにも感染してしまうの?インフルエンザに感染した人はフェレットにどう接すれば良いの?

今回はフェレットとインフルエンザについてまとめました。

スポンサーリンク

人のインフルエンザはフェレットに感染します!

インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!

結論から言うと、人のインフルエンザはフェレットに感染します。

特にヒトインフルエンザA型およびB型に感受性があるのが報告されています。

フェレットがインフルエンザに感染してしまった場合、感染源のほとんどは飼い主さんとその家族です。

人間が咳やクシャミをしたときに飛び散る飛沫などに含まれるウイルスから感染します。

インフルエンザに感染したフェレットの症状と治療法

インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!

インフルエンザにかかったフェレットの症状は主に下記のものが挙げられます。

・発熱や倦怠感、食欲不振
・クシャミ
・咳、鼻水

体力のないベビーフェレットやシニアフェレットは重症化してしまい、しばしば肺炎などに移行してしまうため特に注意する必要があります。

感染したフェレットから他のフェレットにも感染するため、感染したフェレットは隔離飼育して感染の拡大を防止しましょう。

インフルエンザにかかってしまったときのフェレットの接し方

インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!

インフルエンザにかかってしまったら、フェレットのお世話はお休みし、治療・安静を最優先にしましょう

前述したとおり、フェレットは人型のインフルエンザに感染します。

そのため、インフルエンザに感染した人はフェレットのお世話をお休みするのが基本です。

どうしてもできない場合、マスクと手袋を着用し、フェレットにインフルエンザに感染させないようにすること、人も抵抗力が落ちているため排泄物の吸引による体調不良に十分気をつけましょう。

マスク、手袋は面倒でも毎回新品を使うようにしましょう。

また当たり前のことですが、お世話の前後の手洗いうがいもしっかり行ってください。

インフルエンザはフェレットに感染するの?意外な事実!まとめ

いかがでしたでしょうか。

フェレットはインフルエンザに感染した人のくしゃみや飛沫でインフルエンザに感染します。

フェレット用のインフルエンザ予防ワクチンはまだありません。

それだけに飼い主の健康管理が非常に重要です。

インフルエンザと診断されたらフェレットとの直接接触は避け、お世話は家族にお願いするようにしましょう。

大切なフェレットに感染させないための予防策は飼い主さんしかできません。

フェレットの病気
サイト内検索


われらいたち団〜フェレット専門飼育情報サイト〜

コメント