その他フェレット情報

その他フェレット情報

フェレットのブリーダーになるには。実は非常に難しい!

フェレットを飼っているうちに「フェレットの良さを広めたい!」とブリーダーを志す人もいるのではないでしょうか。 実はフェレットのブリーダーになるのはいくつかの問題点があり、難しいとされています。 実際にどのような問題があるのでしょうか、課題をまとめました。
その他フェレット情報

フェレットを電車に乗せる時の注意点とマナー。旅行前に確認!

旅行や帰省、動物病院への通院など、電車にフェレットを乗せる機会は多くあります。 鳴き声もほとんどださないので、周囲にばれにくく、気軽に電車を利用している人も多いかもしれません。 しかし、フェレットを電車に乗せるにはいくつかの注意点とマナーがあります。 今回はフェレットを電車に乗せる時の注意点とマナーをまとめました。
その他フェレット情報

ショップをたらいまわしにされたフェレットが幸せになるまで。

多くのフェレットはショップから飼い主の下へ行き、幸せに暮らします。 しかし、今回紹介するフェレットは、飼い主に振り回されショップをたらいまわしにされてしまいました。 それは飼い主の身勝手さと知識の無さによるものだったのです。
その他フェレット情報

一目瞭然!フェレットに嫌われている人の5つの共通点

「フェレットが懐いてくれない」「フェレットに嫌われたかも…」とフェレットの懐き具合に悩んでいる人は意外と多いです。 実は何気なくフェレットにやっている「あの行動」がフェレットから嫌われる原因かもしれません。 今回はフェレットに嫌われている人に共通する5つの共通点についてお話します。
その他フェレット情報

フェレットの飼育放棄が増加傾向。フェレットを飼う前に考えること。

かわいらしい見た目と愛らしいしぐさに「衝動買い(飼い)」をしてしまうフェレットは、飼育放棄が多いペットの一種としても知られています。 「こんなはずじゃなかった」「飼えなくなったから仕方ない」と飼育放棄になってしまう理由にはどういうものがあるのでしょうか。 また、飼育放棄にならないために、私たち飼い主は何をすべきなのでしょうか。
その他フェレット情報

愛情不足を感じているフェレットの特徴。あなたのフェレットもチェック

フェレットの飼育に必要なことは、食事、水、適度な運動と飼育環境です。 それらがあればフェレットは飼育できますが、それだけではただ飼っているだけです。 フェレットが愛情不足を感じているときの特徴をまとめました。
その他フェレット情報

【決定版】フェレットが食べていいもの一覧まとめ

フェレットはフェレットフードなどの総合栄養食で栄養面は十分賄えるといわれていますが、食べる楽しみという点では物足りません。 主食一本よりはさまざまな食べ味、食感、食べる楽しみを与えることはフェレットに新しい刺激を与えるという意味でも重要です。
その他フェレット情報

フェレットを亡くした人に言ってはいけない言葉

「ペットロス」という言葉をきいたことがありますか。 犬や猫などのペットを亡くした人がそのショックや喪失感から落ち込んだり、生活に支障をきたしてしまうことです。 もちろんフェレットも例外ではありません。何気ない一言が傷つけてしまうこともあります。
その他フェレット情報

フェレットを飼うのに向いていない人5選。後から後悔しないために。

フェレットは犬や猫と比べて初期投資が安く、運動量も室内で遊ばせるので十分で飼いやすいと言われています。 しかし、においの面、病気しやすさなど、他の小動物にないデメリットがあるのも確かです。 今回は生活習慣などの観点からフェレットを飼うのに向いていない人5選を紹介します。
その他フェレット情報

フェレットを飼ってる芸能人や有名人。あの人がフェレット愛好家!

テレビやネットでみかける芸能人や有名人は犬、猫、鳥などのペットを飼っていることがよくあります。 ペット特集のバラエティなどで意外な有名人がこんなペットを…ということはありますよね。 今回はフェレットを飼ってる芸能人や有名人をまとめてみました。
その他フェレット情報

フェレットに好かれる人がやっていること3つ。実はこれだけ!

フェレットがお世話していない家族になついている、お世話している自分には懐いてくれないと悩んでいる飼い主さんはいませんか。 実はフェレットに好かれている人は無意識にやっている共通点があります。 今回はフェレットに好かれる人がやっている3つの共通点を紹介します。
その他フェレット情報

フェレットが人を噛んでしまった時飼い主がすべきこと!

人に良くなれたフェレットでも人を噛んでしまうことや口傷事故を起こすことは珍しくありません。 あなたのフェレットが他人を傷つけてしまったとき、飼い主としてどのような対応が求められるのでしょうか。 今回はフェレットが人を噛んでしまった時飼い主がすべきことを解説します。
その他フェレット情報

年をとったフェレットに飼い主ができること。4歳から考える。

フェレットは小動物の中でも寿命が短く、4歳を過ぎたころからシニア期として食事や生活スタイルを改めなければいけません。 睡眠時間が長くなる、病気にかかりやすくなるなど、高齢フェレットはこれまでに比べて手がかかるようになります。 年をとったフェレットに飼い主ができるのか、一緒に考えていきましょう。
その他フェレット情報

フェレットを初めて触るときの注意点。 怪我をしないために!

年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどの長期休暇は帰省などで、遠くの親戚や知人にフェレットを初めてみせる機会が多い時期です。 フェレットは犬や猫のように普及しているペットではないため、フェレットを触ったことがない、見たことがないという人も多いでしょう。 そのため、初めてフェレットを触った人が誤った扱いをしたことでフェレットに噛まれた、フェレットを怪我させてしまったという報告が非常に多いのも事実です。 今回はフェレットを初めて触るときの注意点を解説します。
その他フェレット情報

フェレットを看取る意味。あなたにそばにいてほしいのです。

フェレットは寿命が短く、あっという間に歳をとります。 愛するフェレットが旅立つとき、そばにいてあげられますか。 悲しく、つらいことですが、フェレットはきっとあなたにそばにいてほしいのです。 今回はフェレットを看取る意味について、必ず来る「別れの日」についてお話していきます。
スポンサーリンク